デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

エポック社

13.05.30

野球盤

交流戦の結果、ダイジェストに(リアルタイムでは見れないので。。。)胸踊らせている37歳野球小僧です。

「なんで阪神は久保に抑えをさせてるんだろう」等から始まり、いろんなことを思うわけですが、今年はやっぱり大谷の凄さですね。

たぶん、ほとんどバッティング練習やってないと思うのですが。。。

私は嫁に「大谷はイチローと松井のいいところを足したバッター」ってシーズン前から絶賛していたのですが、家人は野球に興味あらず。

あと、ソフトバンク松田が最近よくするももクロのポーズは原型を留めていない違うポーズになっているなとも思います。

そんな野球小僧の心を熱く揺さぶったのが、王貞治ミュージアムに展示してた野球盤。

昔、これで遊んでたな〜、と。

「1番センター松本」とか言いながら、勝手に妄想しながら遊んでたわけで。

昔の子どもは勝手に妄想レベルが高くなる環境にあったんだろうなって思います。

今は何でも用意されてる時代。

遊びに関して工夫するってことも少なくなってるんだろうなって思います。

昔はクラスのみんなで集まって野球をやるのが普通で、その場に来ない子はハミ出し者って扱いだった気がしますが、今は「野球をするならチームに入って本気でやる」時代らしく、やらない子は全くやらないみたいです。

うちの甥っ子もキャッチボールすらまともにできない。。。

いろんな選択肢がある時代って考えたら、いい時代なのかもしれませんが、なんとなく寂しい時代です。