デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

月初め

14.05.01

箱

昨日いただいたお菓子の箱。

今日見たらもう半分も残っていません。

食欲の春。

ま、一年中腹は減ります。

ということで、ついに5月がやってきました。

38歳になってしまいます。

昔の将軍だったら天ぷらくったり、落馬したりして死んでしまうぐらいの年齢なわけです。

寝込みを襲われたり、放火されて、死んでしまうこともあるでしょう。

ということで、自分もそういう年齢に。

今朝、自転車でのんきに通勤していると、大声で歌っている方が。

保母さんが園児に歌を聴かせながらお散歩していたわけです。

チューリップの歌でした。

なかなかカラオケとか行ってもチューリップなんて歌わないですが(そもそもカラオケにも行かないですが)、この場合チューリップであるべきだな、と。

この保母さんがB’Zの稲葉だったらZEROがいい、ZEROになろうと歌ったり、この保母さんが加藤ミリヤだったら、ご自身の切ない恋愛経験を熱唱したりするわけです。

隣に清水翔太までいたらもっと大変。

園児には刺激が強すぎます。

ということで、童謡って素敵だなと朝から思った次第。