デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

日曜日の朝

14.07.06

山

山。

行きたい。

というだけで、本日もスクールは運営しております〜。

そんなこんなで日曜日の朝。

ハリーが「もうサッカーはいいんじゃないの?」とグズっております。

隣でスーパーカー高木豊が困っております。

高木豊はすごいプロ野球選手だったわけですが、3人息子が全員Jリーガーというサッカーに魂を売った男。

朝、別のチャンネルで志村けんインタビューをやってましたが、かつては

「全員集合とひょうきん族どっちを見るか」

という時代があったわけです。

今は何も見るものがないので仕方なくテレビを付けてるという状態でして。

インターネットの時代でしょと言われたら、インターネットの時代なのですが、

インターネットではああいうメガなコンテンツは作れないでしょう。

システム的にも金銭的にも。

インターネットの笑いは

「ダメな人間を馬鹿にする」

という笑いが主で、

「芸で笑わせる」

という世界には今のところなってないのかなと思います。

ということを考えながら、サッカーの話題が終わって
再びイキイキとし始めたハリーを見つめるのです。