デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

お祭りマンボ

14.07.16

まつり

事務所の外から何やら太鼓やら笛やらの音が。

何かのお祭り的な更新みたいです。

何祭なんでしょう?

毎年見てるような気はしますが。

さてさて。

こないだテレビで経済評論家の方が

「作ることはいつかできるようになるけど、売ることは才覚が必要だ」

的なことを言ってたのですが、売る方の才覚云々はわからないですが、
作ることの方はその通りだと思いまして。

思い通りにいかなくても、我慢して、作り続けていく力。

それさえあれば、いつか辿り着けるはず。

デザインも私はそういうものだと思ってます。

「デザインは才能」

だと思っている人は、ただ単にデザインを言語化することを放棄しているだけでしょう。

そこまでいかずに、また何もしてないのにあきらめたり、無理だと決めつけている人が多すぎが残念です。

ま、でも、そういう方は「続けていく」という才覚がないので、もしからしたら早めに気づいて正解なのかもしれません。

売る方の才覚というお話の単純な部分でいうと、

私の周りの順調な経営者の方々が、皆さんすごくメールや電話へのお返事が早いのです。

売る才覚のひとつは実はこういう誰にでもできそうな部分じゃないのかなと思ってます。

ということを考えながら。

人間がやることなんて、すっごく単純なんです。

そういう視点を持ち始めれるとデザインも商売もスムーズにいくのじゃないのかと私は思うわけです。