デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

まだ大阪で消耗してるの?

14.09.16

さくら水産

人気ブログ風。

昨日は社長さんにご馳走していただきました。

大阪のウォール街と言われる堺筋本町。

その堺筋本町の一等星、ミシュランもまだ訪れていないという
VIPたちの隠れ家「さくら水産」へ。

一瞬、新垣渚とか大野倫とかがいた高校みたいな名前ですが、
青と赤のツートンカラーのカラーコーディネート。

注文は全部ジャンカラの機械みたいなのでオールロボット化。

今、日本ではロボットビジネスが熱いと言われておりますが、
このへん時代の最先端。

きゅうりの漬物ポチッとなと注文して1分後にはきゅうり到着。

焼きおにぎりポチッとなと注文してまた1分後に焼きおにぎりに注文してない味噌汁までついて到着。

そんな早く焼けるの?

ロボット化ってこういうことを言うんだろう。

機械音痴の私にはわからない世界なのだろう。

そして、料理を運んでくるのは毎回同じ店員さん。

ひとりでこのフロアを切り盛りしているのか。

どういうシステムがこれを可能にするのか?

来週あたりソロモン流はさくら水産特集やってるかもしれない。

飲んで食って、男二人で3000円いかず。

なんて紳士的なお店。

社長、ごちそうさまでした。

次回は私がごちそうさせていただきます。

また、堺筋本町集合で。