デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

Yeah! めっちゃたまの休日

15.02.17

どくしょ

休日。

目覚ましを

「てめぇ、うるせえんだよ!!」

と一喝し、スヤスヤと寝てていい素敵な一日。

今日は一日呼吸以外したくない。

だが、そういうわけにもいかず、某従業員がハゲ散らかしてみっともないと
うるさいので、美容院に。

ハゲてるかどうかは鏡で見る限り確認できないのでわかりませんが、
たぶん散らかしてないとは思います。

ということで、初めて行く美容院に。

美容師さんたちはハゲや薄毛のお客さんに接する時、
かなりの緊張感をお持ちのはずだ。

この人はハゲにコンプレックスを持っているのだろう。

ハゲを連想するワードは絶対に出してはいけない。

いくらトークに困っても
「秋田の鬼の面かぶったお祭り楽しそうですよね〜」
なんて言ってしまったら、2ちゃんの美容院スレにヘイトスピーチされるかもしれない。

危険度Eな客と認定されただろう。

そんな緊張感のある時間を過ごしたくない私は

「ハゲなんで、ハゲがバレないオシャレなヘアスタイル、すなわち丸坊主でお願いします♪」

と普段決して見せることがない全身全霊のスマイルで

「私はハゲネタ、タブーじゃないよ!!思いっきりウェルカムだよ!!」

とのメッセージを送るわけです。

が、向こうも百戦錬磨。

なかなかこっちのハゲウェルカムアティチュードにも乗ってこらず
のらりくらりと今日の私のこの後の予定の話などを繰り広げる。

絶対興味ないはずやのに。

そんな感じでハゲでも薄毛でも私的にはどっちでもいいのですが、
(将来、歴史の教科書に載ったら落書きされて子孫が情けない思いをするとかはありますが)
なんでこっちが明るく振る舞ったり、こんなに気を遣わないといけないのかと思う。
めんどくさい。

ということで、待ち合わせ場所に早く着きすぎてしまい買ってしまった本がこちら。

半分以上読んじゃいましたが、
会社をやってく中でいろんな思いはありますが、
参考になるところもちょこちょこあるなーと思いながら。

真面目なことは誰にでもできるんですけど、
私にしかできないアホらしいことがあるはず。
ここんとこの自分との葛藤のひとつ。

本屋さんはピケティ本ばっかでしたが、
週刊現代の
「サラリーマンはピケティよりミキティを見習え」
ってのが私的にツボでピケティのことはどうでもよくなってしまったり。

ピケティーーー!!!!!!