デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

15.11.18

いろいろとバタバタとしておりまして、ブログ更新おぼつかず。

ひっさびさにウルトラ偏頭痛が。

鍼治療したい。

けど、どこ行ったら鍼打ってもらえるかわからない。

業務用極太鍼を首にぶち込まれたい。

頑張れ私。

ということで、昨日は生徒の方の就職斡旋含めて、いろんな面でお世話になっている社長さんと久々にお会いし、お話を。

同じぐらいの開業している方なので、共感できる部分がたくさんあり、また、考え方、経営者としての立ち振る舞い、見習わないといけないなーと思いました。

本当に日々是勉強。

いつも考えることは「人」「人」「人」です。

結果的にそこの話になってしまいます。

答えを求めて、本見たり、ネットしたり、飲みに行ったり。

今日、発見したこと!

うちの生徒の方には私より年上の人生の先輩方もいて、皆さん必死に、楽しそうに学んでいらっしゃるのですが、「デザインしてみましょう」の課題のクオリティが高い!

「たくさんの広告が身近だった時代」

を経てる方々はやっぱり想像力豊かですし、ベクトルを間違わないなとあらためて思いました。

「広告が身近にない時代」

でどうやって想像力を磨くか。

これからの世代は自ら動かないと広告に触れられないのです。

それがデザイナーとしての努力かと。

いろんなもの見て、いろいろ考えることの繰り返し。

皆さんがんばってー。