デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

解放

16.03.03

画像は我が子。

ではなく、39年ほど前の私。

同じ顔。

ということで、本日はお宮参りに行くため、出社せず、それまでは在宅ワーキンです。

こないだ岡本太郎のテレビやってて、ついつい見てもうたんですが、共感できる部分ありで。

「なんで社会ってこんなにめんどくさいんだろう」

「誰かが決めた常識ってアホくさい」

「そんなことを考えてしまう自分は社会不適合者なんだろう」

たぶん、起業するまではその葛藤がずっとあったと思います。

「起業=生か死か」

と思ってましたが、何のあてもない自分に生の予感はせず。

「とりあえず自分が正しいと思うこと、やりたいと思えること、やらなければいけないことをやろう」

「それでダメだったら、あきらめましょう。死にましょう。」

と腹をくくったのです。

そこが自分の中で、見えない束縛から解放された瞬間だったんだと思います。

腹くくったら気楽です。

迷ってる時間。

落ち込んでる時間。

ムダです。

選択肢が3つあるなら、さっさとこれやと思うもんから1個ずつやってみりゃいいんです。

あなたがチンタラしてる間に、本当はできてたことがいっぱいあるはず。

そんなことを考えながら、過ごす日々。

「学ぶ」ということはスクールに入るということで完結する問題ではなく、そこで自分がどう振る舞うかが求められます。

1個でもこいつらの技術、知識を盗んでやろう。

それぐらいの意気込みでぶち当たってきて欲しいです。

私が降参するぐらいに頑張ってくれたらいいのです。

そういう人はどこの企業でも欲しい人材なはずだから、会社選び放題です。

実にシンプル。