デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

感動のメカニズム

16.07.22

「人に期待しない」

自分の中で決め事がたくさんあるんですが、人に期待しないってのも決め事の一つです。

そんなことを言いつつ、いろいろ期待してしまい、裏切られるの繰り返し。

その繰り返しがめんどくさいので「人に期待している自分が悪い」と考えるようになったわけです。

こう考えると変なストレスとかは生じません。

毎夜気持よく眠れるわけです。

ということで、期待はしないのですが

「これぐらいはするだろう」

と予測はします。

「こうなるだろうという予測を下回った時、人は失望する」

「こうなるだろうという予測通りだった時、人は納得する」

「こうなるだろうという予測を上回った時、人は感動する」

これが私の中での感動と失望のメカニズムです。

今日は午後14時ですが、すでに2度感動しました。

ひとりは生徒の方。

ご年齢は40代後半だったと思うのですが、卒業時のレベルでいいますと、今までの生徒の方で最も優秀な方のおひとりだと思います。

年齢のせいにしてどんなことからでも逃げたくもなると思いますし、それも許されるご年齢だと思います。

でも、年下の私の一言一言をしっかりとお聞きいただき、わからないところは納得するまでご質問され、制作物も毎回毎回ブラッシュアップされていく中で、すごい進歩をお見せくださる。

脳の行動力は一番若いぐらいかもしれません。

もともと働いていらっしゃった会社でも管理職をされてた方なので、今後も絶対に大丈夫だと思います。

私も教え子の活躍として楽しみにしつつ、人生の先輩に負けないように成長、変化し続けていきたいと思いました。

もう一つの感動は、うちの従業員さんの講師デビューでした。

入社してずっとトレーニングの日々でしたが、そこから逃げずに、自分にも勝ち、周囲の評価にも勝ち、成し遂げた満点デビューでした。

今日も朝はよから会社に来て準備してたり、遅くまで勉強してたり。

不安だったんだと思いますが、ずっと見てて安心して送り出してましたが、私が考えるよりもはるかに高い点数の授業でした。

途中で安心して海鮮丼食いに行きました。

うちの会社、従業員さんには基本的に牧歌的な会社だと思うのですが、仕事のクオリティに関しては私はめちゃくちゃ厳しいと思います。

自分はそれで仕事してきて、今起業してこうして自分の知識・経験を生業にしているのだから、そこに関しては妥協できません。

まだまだ、これからデザイナーとして成長していくスタッフたち、大人として成長していくスタッフたちには厳しいことも多々言います。

でも、その方が早道だと思ってます。

ということで、ポケモンGOがなかなかダウンロード終わりません。