デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

ハム

16.08.06

ハム。

昔、父親がクソ狭い社宅でずっと無線やっててうるさかった。

平和を象徴するような坂元家であるが、唯一の家庭崩壊の危機だったのかもしれません。

そんなことを考えながら迎えるハムの日、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

ん?

淀川の花火?

最近仲良くなったボーイフレンドと?

神様、恵みの雨を淀川十三近辺に局地的にお降らしください!!

アーメン。

と、清々しい気持ちになったところで、本日は急遽開催プチスクール交流会。。。

急遽開催すぎて社長が授業入ってるのに開催されます。

ので、私遅刻。

どんな会社や。

年2回ほどの頻度で飲み会開催しておりますが、できれば皆さんに参加して欲しいんですね〜。

人と話すことからもらえるエネルギーって結構大きいって思ってます。

皆さんお仕事とリンクさせて、スクールに通ってるんわけで、「お仕事」って考えると、人ととの接点は絶対に避けれないわけで。

そこをどうやっていくか、どうプラスの力に変えていくかも、その人の能力だと思ってます。

ま、いろいろ個人的価値観はありますが、私が生徒だったら「いつも見るあの生徒さん可愛いな〜。お近づきになりたし。」とでも思わない限りは参加しないと思いますが(プライベートはほぼ鎖国状態。興味を持った女性にだけは完全不平等条約締結および治外法権)。

なんか、軽い気持ちで丸坊主にしたら、自分の頭のシルエットが気持ち悪くって、生きてることが辛くなってきました。

プラスの言葉をかけられればかけられるほど、情けない気持ちが生まれます。

セミの死骸をいちいち見かけるこの季節ですが

「死んでしまうということは生命力がなかったことね」

って冷酷に考えてしまう自分がいます。

セミの場合は寿命っていう問題なんですが。

私も生命力がなかったら死んでしまうんでしょうし、そんなもんだったってことでしょう。

私の好きな言葉のひとつ「必死」で、とりあえず一瞬一瞬生きてくだけなのです。