デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

東京神田制作所

16.11.03

ということで、無事東京から帰ってきておりましたが、食う、寝る、仕事するのみの生活を送ってる間に48時間経過してしまいました。

そんな感じで簡潔にまとめるために日記調でいきます。

赤い日記調。

10/30(日)

[朝]
新幹線で東京へ。Pokemonしながら向かおうと思ったけど、早すぎて何もできない。仕方がないのでノートPCで庶務を。便利な世の中である。

[11時ぐらい]
たまたまライブ鑑賞で東京に行ってた生徒のHさんと卒業生兼元当校スタッフのTさんと合流し、「デザインの解剖展」へ。期待以上の内容な部分とデザインに関係ないなぁな部分とあったけど、「自分が普段言ってること通りやなぁ」と自信にはなりました。現在新米デザイナーとし東京で頑張り中のTさん、これからデザイナーとして羽ばたいていくHさんにとってもたくさん勉強にもなり、刺激にもなったのでは。

[13時半ぐらい]
ちゃんこを食いに両国へ。Hさん、iPhoneを六本木の駅のトイレに忘れたことに気づく。駅員さんが優しく対応してくれて、六本木の駅で保管してくれるとのこと。Hさん気にせずちゃんこを食いに行く。

[14時]
ちゃんこ「霧島」へ。現役時代の霧島関を思い出しながらのちゃんこ。Hさん、大量の手羽先を注文し、テーブルが世界の山ちゃんに。ちゃんこはボリューミーでうまかったが、若い女性2人にはボリュームありすぎだったのか、雑炊 or 麺まで到達できず、トホホだよな私。Tさんの東京でのお仕事内容を聞き、成長した姿を実感。

[16時]
お2人と別れ、ホテルにチェックイン。部屋から見えるスカイツリー。

[17時]
今度は卒業生のMさんと待ち合わせて錦糸町で飲みに。Mさん、一社目は退社し、2社目の転職活動中だけど、いい条件が2社あって迷ってるというメガロポリス東京の素敵さを感じさせてくれる。スポーツ大好きMさん、プライベートが超充実しているとのことでしたが、関西弁が恋しいとのこと。

[20時]
東京の友人Tさんと飲みに。8年前に東京に来て友人がいなかった私の話し相手になってくれ、お世話になった方。

[23時]
ホテルに戻る。直ベッドイン。さすがに眠い。

翌日月曜日。

[朝]
目覚める。庶務をこなしてから、近くにブルーボトルコーヒーができたことを思い出し検索。東京の時に住んでた家のすぐ近所ってことで「え?あんな下町に?」と驚愕。住んでたとこも見てみたかったので行くことに。

[9時ぐらい]
清澄白河のブルーボトルコーヒー。コーヒー豆の倉庫とカフェがくっついたような小洒落すぎたつくり。うちのスクールもこんな感じのレイアウトにできたら、リアリティが増しそう。ローソンの珈琲よりかはうまかった。

[9時半ぐらい]
「デザインの解剖展行きたい!!」アピールが強かった、K従業員と東京駅で待ち合わせ。が、元ジモティの私、駅内でめっちゃ迷子になり、15分ぐらい遅刻。逆の立場だったら説教してるところ。

[10時ぐらい]
2日連続のデザインの解剖展へ。私は朝から昔働いてた会社に挨拶に行こうと思ってたけど、当時の唯一の職場仲間がおやすみということで断念。この日は月曜日だったので前日よりじっくり見れて満足。K従業員にも伝えたいこと伝えながら見て回れたので、彼女のお勉強にもなったのでは。

[13時ぐらい]
高田馬場へ行き、お仕事でお世話になっている某学校法人さんのキャンパスへ向かう途中に広報さんとランチ。くっそ面白くない広報の話を聞きながらのパスタ。

[14時ぐらい]
キャンパス見学。ひさびさに見る学校にしくじり先生ごっこをしたくなる。「広報のお仕事」について質問するK従業員。というか、勝手に全部言ってくれる広報さん。合間合間にギャグを入れるけど、ほぼスルーのK従業員。

[16時ぐらい]
ついでに近所の早稲田大学見学。近未来な建物をイメージしてたら、大正デモクラシーな建物で予想を裏切られる。トイレを借りて退散。

[17時ぐらい]
東京駅でお土産購入。NHKショップがあったので、息子へのキャラクターグッズを購入する優しきパパ。他の従業員さんたちへの土産を一軒目の店で見つける、かつて見せたことがない決断力の早さを見せたK従業員。

[18時]
中学の時の同級生が東京で制作会社を運営してたり、フリーのWEBデザイナーをしてたりしてたので、焼鳥食いながらお話を。リアルな東京のデザイン業界の話を聞きつつ。やりがいと厳しさと。一緒にアホなことやってた面々が偉そうに仕事を語ってる不思議な光景。うちのスクールのことも話させていただいたので、一緒に何かができたら面白いと思う。K従業員もかつてないぐらい興味深く話に耳を傾ける。私、ビールおかわりしたいけど、前のふたりの話の盛り上がりになかなか注文できなかった。

[21時]
5分前に焼鳥屋を出て、走って新幹線に飛び乗る。夢中になって東京であったことをおさらいして話ししている間に新大阪到着。

ということで、「常に二手先を見て行動する」のモットーな私なので、今すぐ何かが変わることはありませんが、この先いろんな面で転がっていくと思う、いい遠征になったのではなかろうか、と。

東京だけに限らず、いろんなところに可能性やら楽しいことやらを探りながら、今やっていることももっともっとしっかりと足場を固めながら。

自分がやっていること、進んでいる方向は絶対に間違いではないと確信を持てた旅だったのでした。