デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

ありがとう

18.02.15

ありがとう。

ありがとう。

と、ありがとう浜村淳のオープニングテーマに合わせて、お礼を告げたところですが、本日で学生アルバイトのカトーさんがアルバイト卒業です。

春からデザイナーのたまごになるとのこと。

かなり表現力が高い子なので、現場で日々デザインに触れまくることでどんどん成長していくでしょう。

ということで、今週従業員さんの結婚式の祝辞で酷評されまくった贈る言葉を。

もう祝辞なんてしないと槇原敬之ばりに歌にしてしまいそうな気分をブラインドタッチに置き換え、

もう祝辞なんてしないなんて言わないよ絶対〜♪

と切り替えていきます。

広告デザインってなーに?

絵を使ったコミュニケーションです。

そうです。

コミュニケーションなんです。

高度なコミュニケーションができないといけないんです。

脳内にあるモヤモヤしたものを文字に置き換え、さらに色と形でイメージを表現するって、大喜利スーパーハードモードです。

ということで、いろんな人の話を聞いてください。

とりあえず、聞いてください。

面白い人。

めんどくさい人。

なんか楽しい人。

独特な空気がある人。

それぞれ、それが何かを考えてください。

人の話を聞く、人が話す姿を見て、人が聞く姿を見る、これもとっても大切な勉強です。

で、世の中のこと一通りは知っておきましょう。

「名前聞いたことはある」ぐらいでいいですし、なんとなくこういう感じというイメージはそれぞれに持っておきましょう。

人と話すこと、いろんなことを知ること、これらは私達の仕事では最低限の準備です。

トレーニングでもあり、エネルギー摂取でもあり。

そして、人から愛される人になりましょう。

どうすれば人から愛されるのか?

これも人から愛されている人を観察してみましょう。

不器用でも話下手でも一生懸命働く子は誰かが絶対に守ってくれます。

手を抜く人、嘘をつく人、頭がいい人には簡単に見抜かれます。

そして、プロ意識を持ちましょう。

私が思うプロ意識は例えば時給1,000円ならば、絶対に1,001円以上の仕事をしてやるということです。

私はずっと会社に不平不満を持っていた人間です。

なんで自分の給与はこんなに安いんだろう、ずっと思ってました。

確実にお金以上の働きはずっとしてました。

お金にはならなくても誰かは必ずその仕事っぷりは見ているので、いつかチャンスはもらえます。

そんな感じですかね。

初めに戻ると、コミュニケーションのプロに必要なことのひとつがたくさん遊ぶことです。

たくさん遊んで、その話をいっぱいしてください。

友人に話す、目上の人に話す、文章に記し公開する。

仕事=遊び=生きていくことってなったら、ラクではないですが、社会の中で自分にしかできない仕事ってのができているはずです。

遊ぶ努力を惜しまないでください。

こんな感じで取り留めがないのですが、私、今日は家でパパ業務があったので送別会不参加なのでした。

うまい鉄板焼きのお店だったので行きたかったですが致し方なし。

とりあえず、明日までは私もノンアルコールデー(なんか過労らしく毎日抗生物質飲んでおります)なので、おうちで我慢しながら、息子も寝たのでお仕事してます。

3本目のオールフリーです。

全く酔わないのでいくらでも飲めますね。