デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

成長するって簡単なこと

18.07.25

成長。

「明日になったら急にモッテモテになってたりして♡」

そんなことを日々考えていた剛15の夜ですが、そんなもんあんた、急にモテるわけなんてないんですわ!!(ドン!!)

今日までモテへんかったやつが明日から急にモテるって、そんな話あります?

ジャンプの表3に載ってる広告の「急にモテ始めるネックレス」とかでもしない限り、そんなミラクルは起きないわけですよね。

いや、たぶんネックレスしても、ダサくなる以上の効果ないでしょうし。

そうやって大人になっていく。

そして、今がある。

永遠のチェリーボーイ、そんな未来予想図を描いていた剛少年は、人生のブレーキランプを5000回は点滅させ「ア・イ・シ・テ・ルのサイン」を出しまくってましたが、一歩間違えればストーカーでした。危ない危ない。

そんな感じで、自分の成長と見つめ合ってきたのが我が35歳までの人生だと思うのですが、その後は人の成長と見つめ合うことが我が人生最大のテーマの大いなる一個です。

成長って簡単なんですよね。

自分がやるしかないから。

きちんとした道筋は調べたりしないといけないし、その中でどれが一番正しいか判断しないといけないし、自分では真っ直ぐ進んでるつもりでも右に傾いているのかもしれないから、それを正してくれる人は必要。

そうやって、自分で環境を固めて、自分で自分のレベルを上げていくべく、試行錯誤を繰り返さないといけない。

それだけ。

ただ、人間って失敗を嫌うわけです。

好きな人なんていませんよね。

だから、失敗しない方の道を絶えず選んでしまうのです。

それでは、いつまでも失敗も成功もしない。

文章書いてない人が文章書けるわけないし、デザインやってない人がデザインできるわけないし、コーディングやってない人がコーディングできるわけない。

世間を見てない人が世間を前提にすることはできないし、人を見てない人が人とうまく接することはできない。

これって1+1=2みたいな簡単なことですよね。

でも、それをやろうとしちゃうんですよね。

日頃お尻拭くだけで肩甲骨が吊りまくる私がエベレスト登ったらダメですよね。

才能のせいにしていい人は、死ぬほど失敗した人だけに与えられた権利ですよ。

という話をするとめんどくさい人って思われるので、求められない限りは言わないですけど、言いたいことは成長するって簡単なことでした。

おしまい。