大阪本町制作所

[綴る]

しゃちょうのブログ

スクロール

生き物が死んでるとこ見るとイヤですよね

20.04.21

道端で車に轢かれてしまったネコちゃんとかハトさんとか見るのイヤですよね。

動物苦手過ぎて、安倍総理のツイート動画を見て「さすが総理!犬を手なづけている!猛者!」と思ってしまうぐらいの私ですら、生物の遺体は見たくないわけです。

はて。

昨日、ショボ用で堺筋本町へ。

昔通ってた美容院がすでにもぬけの殻になっていたり、「3月○○日で閉店します」みたいな飲食店や、他にももぬけの殻を何軒か見ました。

つらい…。

つらたん…。

これはニャンちゃんやハトさんが死ぬ姿を見て、私は目を逸らしながら会社に行くときと全く同じ気持ちを味わってます。

これはコロナ関係なく普段からですが、私はお店が潰れる姿を見るのが本当イヤなんです。

でも、その時は絶対に目に焼き付けるようにしてます。

単純に自分はそうならないって都合のいいことを考えられないからですよね。

必死のパッチにいろんなものを見て、そして自分自身が進化し続けないと、私も同じザマになるからです。

今回みたいな非常事態になると、どれだけ努力してようが、生きるチカラがないものは死ぬ、それが資本主義社会と思って、日々生きてます。

ので、

「お役所が休め言うてるから休んでるんやから、家賃いくらか払ってよー」

という気持ちと

「力がないものは死ぬ。それが弱肉強食の世界。資本主義経済」

という気持ちがいまだに半々です。

国や府が家賃補助の制度をつくってくれるなら当然利用しますが、自ら大家さんに賃下げ交渉するようなことはありません。

そこに関しては大家さんの責任は一切ないですから、筋違いです。

こういうことを想定して、スクール以外の事業にリスクマネージメントできてなかった経営者としての私のミステイクなので。

どっちかというと

「経営能力がない企業を税金で応援するのはやめてー」

って考え側です。

私があるかないかはわからないし、今試されてる状態ですね。

私にこの状況をサバイブする力なければ、車に轢かれて死に逝く動物さんたちと同じ運命が待ってるだけやんって思ってるわけです。

なぜ、自分が社会から逃げたくて、誰からお願いされることもなく勝手に始めた起業なのに、国から助けられることを当たり前と思うのか。

努力や工夫をしてきた者と、何もしてこなかった者を平等に扱うのがフェアーなのか。

生きる力がない者とある者を平等に扱うのがフェアーなのか。

そんなことすら、どっちが正しいなんて決まってないし、全ては人間が勝手に決めてるだけ。

自分たちだけ、頭がいいと思いこんでて、自然界で選ばれし者たちと思い込みながら、自分たちだけで勝手に微生物に苦しんでる。

そんな時にも、桜は今日もキレイに咲き誇り(さすがに散りつつある)、安倍家のワンちゃんは今日も首相と戯れるのです。


[ about ]

このブログについて

代表の脳内を大公開。思ったことを思ったまんまに書き殴るタイプのブログです。子どもの頃から基本的にフザケてたら、社長になってたり、40越えてたり、パパになってたりしてた人間の駄文となります。私以外のスタッフは皆さん真面目なので、弊社はれっきとした真面目な会社です。こんな阿呆に付き合わされて皆さん大変だと思います(棒読み)。