大阪本町制作所

[綴る]

しゃちょうのブログ

スクロール

とりあえず、当大阪本町制作所は「WEB・DTPデザインスクール」と「制作」の2本の柱でやっています。

どちらがメインというわけでもなく、どちらも全力でやるのがモットーです。

従来の「デザイナー」「デザイン事務所」という業態だと「繁盛期」「閑散期」があって当然、景気悪化の影響を受けるのが当然という世界でした。

そこで「そういうもんだから仕方がない」って考える人と、「それならそれでやりようがあるんじゃないの?」って考える人がいて、たまたま私が後者ってだけです。

それに付き合わされるスタッフさんはちょっとかわいそうな面もあるのかもしれませんが。。。

とりあえず、いろいろ「こんなことやれるんちゃうかな?」と考えます。

生きていくために従来通りの仕事ももちろんやるのですけど、そこに対して積極的にアプローチはかけてません。

今後どうなるかはわかりませんが。

今は「もっと何かやれるはず」といろいろ試行錯誤中です。

スクールを始めて本当によかったなと思うのは、今までどんなに仕事を頑張っても人から感謝されたり、尊敬されることはまずなかったからです。

それは翌月の通帳に振り込まれるという形でしか報われなかったわけです。

生徒の方が新しいことを覚えて、楽しそうにしている姿を見ることは、本当に今までの仕事で、人生の中で味わったことがないことなのです。

そんなこんなでスクールの方もどんどんこちらからアプローチをかけていきます。

基本、広告費は最低限に抑え「学びたい人が自ら探して来るスクール」という形にしていますが、こちらからも「こういうスクールがあるんですよ」と潜在層にアプローチを仕掛けるようなことも積極的に行なっていきます。

要はみなさんが毎日幸せに楽しい人生を送れる何かがデザインにはあると思っています。

いやー、ここ最近の私は真面目です。

朝、なかなか起きれないのが難点ですが。。。

こないだ体験レッスンで参加者の方から「先生の中で優先順位1位は何ですか?」と聞かれ、答えられなかったのですが、「仕事ではないですね。。。」とは答えました。

「空気」「太陽」「水」

生きていく中で必要不可欠なものはいくつかあるのですが、私の中では仕事っていうものはそういうものだったりします。

理由なしで絶対的なものっていう意味で。

「やらない」という選択肢はないし。

で、ずっと「これは社会のためになっているのか?」「これは誰かを犠牲にして自分たちは利益を得ているのではないか?」ということに疑問を抱えながらサラリーマンをやってきました。

一番イヤだったのは時給換算したら300円ぐらいんお仕事を「外注扱い」の主婦の方に頼むことでした。

私の中で「仕事=社会に参加すること」っていう風に定義づけしているので、優先順位って概念ではお答えできないな、と。

今の立場は何よりもそれを最優先して、ここの事務所を強固なものにしないといけないという責務がありますので、何よりも最優先してますが。

自分の人生において、一番優先順位が高いのは「自分のことを見てくれている人に報いること」なのかな、と。

奥さん、奥さんのご両親、自分の両親、姉、ここの事務所の生徒の方々、お客様の方々、友人、知人、先輩、後輩。。。

「みんな仲良く!!」が理想ですが、私と合わない方の方が世の中圧倒的に多いでしょう。
「私と会わない(会う機会がない)」方もほっとんどなわけです。

となると、とりあえず自分の周りの人は幸せにしたい、楽しさを提供したいってのが私の考えです。

そういう方々のために私ができるアプローチって限られているし、お金でどうこうすることも悲しいかなできないです。 

そういう意味で、「自分のことを見てくれている人に報いる」ための手段として「仕事」は定義されると思います。

ので、仕事が第一ではないです。

決して適当な仕事をするってことではないですよ。

世の中には私なんかよりもっともっと頑張ってる方はたくさんいるはずです。

事実、少なくても私の両親はもっと頑張っていたはずです。
今でも頑張っています。

でも、私もその中で必死にやっています。
プロとしての自負もあります。
もっともっとやれるはずという思いと共に。 

ということで、「言葉の意味理解してもらえたかな〜。失言やったかな〜。」とちょっぴし後悔してたりする所長だったりします。

この日は奥さんが近くでお仕事だったみたいで、仕事後一緒に晩御飯を食べに行きました。

私がほぼ毎日食べている讃岐うどんを奥さんも是非食べてみたいということで。

考えてみたら、嫁と一緒に晩御飯を食べるのは一ヶ月以上ぶりだと思います。

ちなみに、今はいくつかのプロジェクトを進めてて、実際に動き始めないとお金が発生しないので、外の人にお願いできない立場なだけなので、ずっとこういうわけではないですよ。

アイデアとは記憶と記憶の掛け合わせだと思うので、今のこの仕事して寝るだけの生活環境は非常に良くないって思っていますので、あくまで一時的なものです。 

もっといろんなもの見て、いろんなものを読んで、記憶を増やさないと、ありふれたアイデアしか浮かんでこないと思いますので。

で、ひさびさの奥さんとの晩餐なのですが、結局食事中にも電話がなって、話をしている間に奥さんはうどんを食べ終え、私のうどんはぬるくて麺が伸びた状態でした。。。

ま、これも仕事ですね。

奥さんにはいつも申し訳ないと思っていますが、今はこの場所をお金を払っていただいている方々、応援していただいている方々にとって、よりよい場所にするために時間を費やすことを自分の生活の中で最優先すべきだと思っています。

そのへん理解がある奥さんで、私は恵まれてるなと思います。

にしても、5日ぐらい連続で讃岐うどんを食べてるでの、そろそろうどん休めしようと思います。

というか、たぶんお昼ごはんを食べる時間がなさそうですが。。。。

この日は接待でした。

こないだ税理士さんにお褒めの言葉を頂いたのですが、「成功している経営者さんは、接待費と広告費にお金を使っている」ということをおっしゃっていました。

ということで、お接待です。

「この後、ハロウィンパーティなんですわ」ということで、謎のメキシコのレスラーと接待です。

「意外に呼吸が苦しい」ということで、すぐにマスク脱いでましたが。

ということで、日曜日の淀屋橋の和民はガラガラっていうお話でした。

当事務所、制作業務もいろいろ行なっておりますが、そちらはあまり表に出さないようにしています。

企業、法人、その器が大きくなると言えないことが多くなるからです。

守秘義務というものもありますし。

ので、制作業務のお話はあまり表には出さないようにしています。

友人や、友人の紹介などでいただく業務は表に出しても問題がないものが多く、むしろ表に出してみなさんにも知っていただきたいものも多いです。

そんな感じで制作業務も日々行なっておりますが、スクールも毎日生徒さんにお会いするのが当たり前になってきました。

「朝7〜夜24時まで受講可能」も売りなんですが、今のところ朝9〜夜22時までぐらいがMAXで、だいたい朝は10時から、夜は20時までという生徒の方が多いです。

ここの「定休日なし」「朝7〜夜24時まで受講可能」というのは、単に私が子供の頃から思ってた「なんでサービス業は人が休みの時に休むんだろう」って疑問から設定しました。

デザイン業って基本的に拘束時間が長いので、病院行くのも大変だったりします。

会社員時代は「半休扱いになるから…」とか言われて、わけのわからんルールを使わないと病院にも行けなく、通院なんて100%無理でした。

あと、全くお金にもならないフットサルというスポーツを真剣にやってましたが、夜中24時まで残業して、家に帰ってから公園でトレーニングするとか普通でした。

週2、3回仕事が早く終わって、チームの練習がない日にジムに行ってましたが、夜22時まで、日曜18時まで、月曜日休みとかで高いお金を払わされる割には、なかなか自分のタイムスケジュールと合わないってのが多かったです。

行きたいのにできない。

「そういう自分みたいな方がいても対応したい」

って、気持ちがそう設定させています。

ま、私はフットサルに関しては「うまくなりたい」という情熱がそれなりにあったのでしょうし、それなりのレベルの方々と一緒にやっていて、全国大会に出るようなチームだったので「うまくならなければいけない」という義務もありました。

「学びたい方が学びたいことを学べるスクール」を作りたいってのが自分のモットーです。

私も独身時代お金に余裕がなかったので、いくらまでなら払えるかってのを考えました。

一括でお支払いできない方は分割でも構わないと思います。

独身時代の私も一括では払えなかったでしょうし。

ちなみにこの料金設定で、第二校、第三校を増やすことはできません。

それは講師の質を落とすことになるので。

私のやりたいことが理解していだければな、と思います。

*画像
父親にそっくりな歌手の人。本当に似てる。 

[ about ]

このブログについて

代表の脳内を大公開。思ったことを思ったまんまに書き殴るタイプのブログです。子どもの頃から基本的にフザケてたら、社長になってたり、40越えてたり、パパになってたりしてた人間の駄文となります。私以外のスタッフは皆さん真面目なので、弊社はれっきとした真面目な会社です。こんな阿呆に付き合わされて皆さん大変だと思います(棒読み)。