大阪本町制作所

[綴る]

しゃちょうのブログ

スクロール

「毎日ブログ更新!」を目標に起業してからやってきましたが断念。

来年からは「なるべく毎日更新」を目標に。

どうしてもこの仕事してると「ブログ更新するヒマあるなら、制作しろよ」って思われてしまう。

ブログ更新するのも意味あるんですけど、それはわかってもらえないでしょうし、お金を払っていただいている方々を最優先するのは当然のこと。

基本、書きたがりなので来年もバンバン更新します。

ということで、まだ1年経ってないですが、今年起業して、本当によかったと思っています。

たくさんの人に感動をもらいました。

もっともっと社会に還元していかなければ。

今年で、今後どういう事務所にしていくかのアウトラインがだいぶ描けたような気がします。

私は不器用で一所懸命な人が好きなので、そういう方々を事務所の体力と相談しながら、ひとりひとり採用していけたらいいなって思ってます。

お金持ちになることが目標じゃなくて、毎日楽しく生きていくことが目標なので。

世の中の価値感変えてみせます。

ではでは、今から吉田豪の情熱大陸見て、明日は朝からフットサル、夜は実家で紅白でももクロ、イノキボンバイエを見るので、今年はここまで。

そこそこに無休で働いてきたので新年3日までお休みいただきます。

リフレッシュして2013年スタートから全力で突っ走ります。

起業したので、日本の伝統文化に従って年賀状も送ろうと決意。

昨年まで父親の年賀状の代理印刷を請け負っていましたので、そのときに購入した「宛名職人」。

仕事用MacBookにインストールしようとしたら、IDが違うとかで拒否られました。

前まで使ってたiMacで職人さんをアンインストールせずに初期化したから、もう無理っぽいです。

職人気質というか、意固地というか、めんどくさいというか。

何かとID、IDってめんどくさい時代の到来です。

ということで、今年は「エクセルでデータベース作って、InDesignで自動化してペコペコ宛名印刷しよう」と今ペコペコやってます。

InDesign先生はかなり便利かつ優秀です。

世の中使える人いないけど、

嫁さんいわくニューズウィークは紙は出さないとか。

ってなると、たぶん電子書籍化するんでしょうが、ますますInDesignが強みになりそうな気が。

人ができること頑張るより、人ができないことを強みにするほうが賢い気も。

ということで、うちの事務所にはInDesignのスペシャリストがいます〜。

件名と比例しない「なーんだ」な話です。

っていうか、デザイナーとか関係ない話ですね。

「電話・メールに対しての返事は何よりも優先してする」

「お金のことはきっちりとする」

「時間はきっちり守る」

以上。

これは私が「プロ」に求める定義です。

私が言う「プロ」ってのは、「それでゴハンを食べてる人」ってことです。

デザインって自分の深層心理が現れてしまうものだと思ってます。

以上のようなことをきっちりとできずにナメたことやってたら、ナメた制作物しかできない、ナメた仕事しかできないってことです。

あくまでこれは私の考えですよ。

こんなものは才能でもなんでもなく、社会で生きていくための最低限のハードルだと思っています。

「こんなデザイナーになりたい」

「こういうデザインをしたい」

「将来こうなりたい」

壮大な夢を見るのは非常に素晴らしいのですが、まず以上のことをきっちりとやれないとそのチャンスは激減するでしょうね。

とりあえず、人から愛される人間になる、尊敬される人間になる、そのためには当たり前のこと、目の前のことをきちんと丁寧に一個ずつやっていくしかないと思っています。

クリスマス連休イブなこの日、恋人たちは胸躍らせたりしているのでしょうか。

私は嫁はんの年賀状を無事作成しました。

「デザイナーを生業としている者として、嫁に既成のキティちゃんとかの年賀状を送らせるわけにはいかねぇ」という男としての何かがそうさせたのです。

ですが、もらった方からしたら、誰が作ったかなんてわからないですよね。

既製品と間違えられる。

名前ぐらい書いたらいいのに。

ついでに旦那の事務所の名前も書いてくれたら営業になるのに。。。

ということで、たまに嫁孝行したときにはドカンと発表するわけです。

子供のとき、「おかあさんといっしょ」や「ポンキッキ」を見て、「何が面白いんか意味がわからん」と思ってました。

ひねくれてましたね。

新聞のスポーツ欄を端から端まで読む幼稚園児って可愛くないですね。

ということで、思いついたことをついつい書いてしまいがちですが、当スクール「お子さん連れでご受講」にも対応しております。

ま、保母さんなどは雇っていないのでおとなしく座っていられるお子さんならって条件付きですが。

あとは、複数の生徒さんのご予約が入ってる際はきちんと他の生徒の方にも了解を得ています。

以前にも書いたかもしれませんが、私自身が「やりたいのにやれない」社会人向けのサービスに疑問を感じてたので、なるべくご対応しようって考えています。

どんなことでもご相談していただければと思います。

他のスクールでできないことで、できることは多いと思います。

みなさんにとって有意義な場になれるように。

にしても、トイストーリーってそんなに面白いんですかねー。

ずっと夢中でおとなしく見てくれているので、授業もスイスイすすんでいます。

ママと一緒でお利口さんです♪

[ about ]

このブログについて

代表の脳内を大公開。思ったことを思ったまんまに書き殴るタイプのブログです。子どもの頃から基本的にフザケてたら、社長になってたり、40越えてたり、パパになってたりしてた人間の駄文となります。私以外のスタッフは皆さん真面目なので、弊社はれっきとした真面目な会社です。こんな阿呆に付き合わされて皆さん大変だと思います(棒読み)。