大阪本町制作所

[綴る]

しゃちょうのブログ

スクロール

テレビに整形した女性が出てた。

整形前の顔を見ても「いやいや、整形しなくても大丈夫でしょ〜」と思うのだが、コンプレックスというものを持ってしまうとダメらしい。

ということで、心のバランスについて考えさせられる朝。

みなさん、自分が主人公の物語の主役を演じてるだけなので、他の物語においては脇役でしかない自分の顔なんかにそれほど深い意味はない。

全員同じ顔してたら違いがわからんから、違う顔しとって欲しい、そんなもんでしょう。

私からしたら、街行く女性が皆、私のタイプの仮面ライダーバルキリーみたいな顔してたら、パラダイスなのかもしれませんが、そもそも私ごときではほとんどバルキリーに相手にされません。

たまに物好きなバルキリーがいて、話が合うバルキリー、一緒にいて楽しいバルキリーがいて、結婚に至ったりするわけです。

ということで、たまたま顔がバルキリーだったら言うことないですが、顔がバルキリーじゃなくても、その他の部分が上記に該当すればいいだけの話で。

そもそも、そういう顔面コンプレックスをつくっているのは、自分の脳でしかなく、自分で勝手に敵をつくってしまう。

そして、自分でどんどんその敵を大きくしてしまい、どうしようもないモンスターに育ててしまう。

自分がつくったモンスターと戦うのが人生のメインテーマってイヤですよね。

自分の脳みその中で完結する世界。

そんな顔面コンプレックスだけではなく、世の中の多くの人は現実には存在しない自分自身が勝手に作ってしまっている敵と戦っているし、自分が勝手に決めた自分という枠の中で苦しんでいます。

私はそういう人たちは「その人たちも被害者だから…」と思うので、嫌いとかいう感情は湧かないのですが。

目の前のエサを穫るのに必死だった時代には、脳内で敵を育てるヒマはなかったということなのか。

時代的な問題なのかもしれませんが、そういう人生の邪魔をする敵を作らないようにすることができないのかなーと考えたり。

デザインが上達しない!

これは生徒の方も、いざ就職した新人デザイナーさんたちも悩み苦しみもがくところだと思います。

もがけもがけもがいて苦しんでくださいな話なのですが、デザイン上達するためにやるべきことのひとつを。

何回も言ってるのかもしれませんが。

「人と話をする」

です。

人と話をする、その広さと深さが見える景色を壮大にし、より鮮明にしてくれる、そういうもんだと思います。

生きている中で特効薬を求める方が多いような気がするのですが、そんなポコっと簡単にできちゃうことから学べることなんてしょうもないもんだと思うんですよね。

広く。

いろんな人と話をして欲しいです。

年齢、仕事、生活環境、地域、趣味、性別。

人って無意識に他人を敵と認識してしまうらしいですが、いざ話してみるとほとんどの方が面白い人なんです。

中には面白くない人もいますが、面白くない理由を考えることは自分の力に置き換わります。

深く。

同じ人と何回も何回も話して欲しいです。

1on1が理想です。

その人とだけしか通じないテンポ、ネタのチョイス、オチのパターン等どんどん鋭くなっていくはずです。

2日連続でご飯食べに行っても同じテンションで話ができる相手を見つけられるかどうか。

広さを求めるにしても、深さを求めるにしても、自分が相手に話したいと興味を持つように、相手からも話したいと興味を持たれないとダメです。

そのときにどんな話ができるか。

ネタを食った面白い話をできる人もいるとは思いますが、多くの人は基本的にそこでご飯を食べてるわけではないので難しいはずです。

でも、自分を解放して話をすれば、相手の人の警戒心を下げることができ、より深い楽しい本音ができるというのが私が経験から得たことではあります。

人にはひとりひとりがとても重みのある物語の主人公だと思います。

自分が普通と思っている物語は、他人から見たらとても刺激的な新作ドラマだったりします。

人から話することが、トレーニングになるなんて、ある意味ラクなお仕事だと思います。

「人と話をするのが苦手です」

という人もいるでしょう。

私も苦手といえば苦手ですが。

でも、その分、人と話をたくさんしている人よりハンデを背負っているわけです。

そのハンデを乗り越えるだけの強みを持たないといけないということになります。

人の話を聞くということは他人の見えてる景色を見せてもらうこと。

自分の景色だけでデザインしている人と、他人の景色も借りながらデザインしている人。

私が生業にしている業界はそういう業界だと思ってます。

[ about ]

このブログについて

代表の脳内を大公開。思ったことを思ったまんまに書き殴るタイプのブログです。子どもの頃から基本的にフザケてたら、社長になってたり、40越えてたり、パパになってたりしてた人間の駄文となります。私以外のスタッフは皆さん真面目なので、弊社はれっきとした真面目な会社です。こんな阿呆に付き合わされて皆さん大変だと思います(棒読み)。