デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

咲くら

12.04.05

今日はちょっとマーケティング関連のお話をしに梅田に行ってました。

で、帰りに何気に見上げたら桜がキレイだったのでパチリ。

思いっきり逆光だったみたいだったんですが、Photoshopでサラっと修正して、どうにか桜に見える画像に。
アップにしといたら、もっとわかりやすかったかもですね。
カメラマン失格。 

で、マーケティング関連のお話を初めてお会いする方とさせていただいたんですが、自分が知らない世界を知れる、話ができるって本当に楽しいですね。

私は今まで働いてきた中で自社の営業の人ってのをどうも好きになれなかったんですね。
一応ほとんどの時間を上場企業で働いてきたのですが、「営業=お金」って印象しか持てなかったです。

もちろん仕事=ビジネスなんで一番大切なのはお金という考えは正解なのかもしれません。
否定はしません。

ですけど、私は仕事=人間と人間との関係って思ってます。
その副産物がお金っていう価値観です。

たまたま私が働いていた企業がそうだっただけでしょうけど、人としての資質を疑うことが多かったです。

そこの企業の社風かもしれないですが、その企業の営業マンは人が話をしてる時にいきなり割り込んで入ってきます。

人として論外だと思うのですが、私の経験上印刷会社の営業さんは「自分の仕事が一番大事だから、その話が最優先」って考えなんでしょうし、社風でそうなってるんでしょう。
この人とは、ひとりの人間として付き合いたくないなって思ってしまうんです。私は。
得意先ではへーこらへーこらしてる姿を考えると、より強く。 

で、本日お会いした方も営業さんなんでしょうけど、お金お金という話では全くなかったし、ビジネス、お金、仕事の前に、私とひとりの人間同士として話ができたような気がしたから、嬉しかったのです。

今後ビジネスでどういう関係を築けるかはわかりませんが、ビジネス以前に人として、いい方とお会いできてよかったなって思いました。 

もちろん仕事なんで、今後また新しい出会いの中でイヤな思いをすることも我慢しないといけないときが来るのかもしれません。

けど、たくさんの人と知り合って、いろんな事を知れて、いろんな話ができたら、お金以上の価値があるなー、起業した値打ちがあるなー、って思います。

と、長くなってしまいましたが、題名の意味は、今日桜の花を見て最初に思い出したのが「そういえば、はぐれ刑事純情派で藤田まことが仕事後に行ってた飲み屋が『咲くら』やったな」と思い出したってだけなんですけどね。

風情がない自分がイヤになりますね。