デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

坂元晴郎

13.07.02

キス我慢

まず、ひとつだけ言えることは私が映画を見ない人間ということ。

子供の頃、父親が休みの日に撮り溜めした映画をずっと見てるため、見たいアニメとかが見れなかったってのがトラウマになってるんだと思います。

パチンコしないのも、パチンコばっかやってた父親の影響だと思います。

煙草吸わないのも、ヘビースモーカーの父親の影響。

仕事は世渡りが不器用ながらもどうにか頑張って出世してったみたいなんで、そういうとこだけ父を尊敬しているのかもしれません。

こないだ「2013年日本のブラック企業ベストなんとか」みたいなんに父親の働いてた会社も堂々とノミネートされてたんで、そういう面でも今は尊敬してます。

息子を大学に入らせたり、アイスホッケーさせたりするために、苦しんでたんだろう。。。。と。

ま、1日に2分ぐらいはそんな優しい気持ちになれたりするんですが、とりあえず映画は父親の影響で見ないんです。

そんな私が初めて前売り買って、初めてレイトショーに行って来ました。

ひとりで。

期待値が高まり過ぎてたので、それを上回るということはなかったのですが、冷静に考えたらすごい映画だなって思いました〜。

というか、劇団ひとりのアドリブ能力にかなり嫉妬するレベル。

自分もこういうのやってみたい、という。

子供の時以来久々に映画のパンフレットも買ってしまいました。

この日も映画が始まるまでに15分ぐらい他の映画のCMやってましたが、本当に長い。

素敵な作品なのでしょう。

だけど。

私は宮崎駿の映画は見ない。

みんなが見てるんだったら、私ひとりぐらい宮崎映画は見ないデザイナーがいてもいいと思う。

なんで見ないか。

ただ、めんどくさいだけです。

そういうところは本能の赴くままなので、理由もよくわからないのですが。

あ、そういうたら、千房のスケールのでかいCM(宇宙にコテが出てくるやつ)とか、づぼらやのCMがなかったですね。

寂し。