デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

お褒めのお言葉をいただきました

15.11.22

生徒の方がWEB制作会社さんに面接に行ったところ、

「本町制作所の卒業生をうちも雇っているけど、あそこのスクールは安心ですね。期待しています!」

とお褒めのお言葉をいただき、採用になったとのこと。

5年後、10年後にそういう風になることをイメージして、スクールをつくってきましたが、そういうことをもっともっと増えていくようにすれば、デザイン業界の底上げにもなりますし、本当にデザインを学びたい方々にとって意味のある場所になると思います。

LINEの元CEOの本を読んでて、この人が言いたいことは「差別化とかイノベーションとかを求めるのではなく、ユーザーが求めるものを提供するために全力を尽くせばよい」なんだろうと思うのですが、とにかくあざとい計算とができないので、そのへんだけを考えてやってきて、今後もそれを続けていくだけなのです。

ということで、昨日はパパ講習受けてから、京都で結婚式二次会。

ネタクリ全くやらないで五郎丸の全力のモノマネで松阪牛もらおうと思いましたが、残念ながらプレーオフで敗戦。

駅からタクシーで行こ思ってましたが、京都の町をナメてました。

大渋滞のため、徒歩にて会場に向かいましたが、Google Mapが案内する道は人気がない迷路みたいな道ばっかで。

オッケーグーグル!!

と気軽に言えない感じでしたが、途中うまそうなお店が多々あり、素敵京都と思わされました。

会社と家の近所にももっともっと素敵な店が増えれば、私的幸福度倍増なのですが。

そんな感じで今日は朝から選挙に行って、スクール通常通り営業です。

選挙はなんか毎回毎回アホくさいですが、大阪は市も府も行政機関として終わってたので、そういう時代に戻さないために一票投じてきました。

国民の義務ですよー。義務。

いろんなことに対して平等な社会が理想ですが、それはあくまで理想論なので、頑張ることがアホらしい、真面目にやることがアホらしい、っていう世の中にだけはして欲しくないなと思いながら。