代表メッセージmessage

大阪本町制作所WEB・DTPデザインスクールを開校した理由。
現在のデザイン業界・デザインスクール業界への思い。
スクール代表からのメッセージです。

デザイン業界の間違った考え

「見て学ぶ」

これがデザイン業界の常識であり、
理論で教育をするという文化がない業界であります。

そのような風潮から
「センスがないとデザイナーになれない」
という間違った常識が形成されているのだと思います。

ただ、ご自身が感性でやってることを、
説明する能力がないだけなのに

「この子にセンスがないからできない」

と責任転嫁させているに過ぎないわけです。

デザインスクールの現実

「講師はパソコンの中のビデオ」

「疑問点だけ教えてくれる自称マンツーマンシステム」

「全員同じカリキュラム」

「現場経験に乏しい講師陣」

「運営スタッフがデザイン業界の現場を全く知らない方々」

「デザインに特化したスクールではない」

「莫大な広告費、賃料、運営スタッフの人件費が受講料の多くを占める」

以上が、一般的なデザインスクールの現実です。

値段に見合わないクオリティの低いサービスの提供。

そのあたりの事実をデザイン業界側はわかっているので、
「デザインスクール卒業」ということが全く評価に値しない。

それが現実であります。

大阪本町制作所WEB・DTPデザインスクールにできること

大阪本町制作所WEB・DTPデザインスクールでは、
まず初めに「どうなりたいのか?」を聞かせていただき、
それに合わせてカリキュラム作成していただきます。

完全マンツーマンだから、
やりたいことをきちんとやれるようになるまで、
じっくりやれるスクールです。

選び抜かれ、鍛え抜かれた講師が、
現場で得た知識・経験を完全マンツーマンで徹底的にお伝えします。

理論で指導します。

理論で指導するということは、
「難しいことを言う」
ことではなく、

「生徒さんにわかる言葉に置き換えて説明する」

ということです。

就職を目指している生徒の方に関しては
「就職する」ことが目的じゃなく、

「就職してからどう働くか?」

が目標なので、

「雇ってよかった」

と言っていただけるような生徒を育てていくことが
大阪本町制作所WEB・DTPデザインスクールの使命なのです。

職場でのスキルアップ、企業の広告担当者の従業員教育の場合は

「うちの従業員にこうなって欲しい」

を実現させるために全力を尽くすのが
大阪本町制作所WEB・DTPデザインスクールです。

講師に求める資質

最重要視している部分は「現場経験に基づいた教育」です。

私は起業するまで大手印刷会社・大手新聞社で働いてきましたが、
自分が当たり前だと思っているクオリティが、
当たり前じゃないデザイナーがたくさんいるんだということを
起業してから知りました。

「知識」「経験」「ソフトの操作能力」「理論で説明できる能力」

それらの厳しい指導を受け、
高い意識を持って日々の制作業務を行える者のみが、
講師を担当しております。

受講料・営業日・営業時間

「働かない若者」「ブラック企業」等、現在の労働問題。

働きたくても何をしたらいいのかわからない方。

働きたくてもなかなか雇ってもらえない方。

転職したいけど、お金も時間も余裕がない方。

そういった方々が通えるような料金設定、営業日・営業時間設定。

分割払いにも柔軟にご対応しております。

平日朝9時半から夜22時まで、
土曜・日曜も朝9時半から夜18時まで開校しておりますので、
お仕事、プライベートに合わせてご受講できます。

現在41歳、起業してからもうすぐ6年になります。

大阪府立大学経済学部卒業という
ちょっと異質な部類のデザイナーだと思います。

それまでは大手印刷会社、大手新聞社で働いておりました。

起業するまでは仕事が終わったら、フットサルばかりやってましたが、
サッカー経験が全くない社会人が
全国大会に出場するまで試行錯誤して成長しました。

「理論的に物事を考える」
ということは、小さい時からずっとやってきたことです。

運動神経が全くない中で
「どうやったら自分の能力を高めれるか?」
を考え、いろいろ調べ、
プロのアスリートや五輪選手も通うジムでトレーナーに
何度も何度も質問しながら、トレーニングしていました。

そういう経験が
「理論的に考えることで目標を達成するデザインスクール」
を作るにあたり、間違いなくプラスになっていると思います。

ちなみに全く生真面目な人間とかではなく、
いつも「何か面白いことはないか?」と
アンテナを張っているだけの人間なのです。

詳しくはブログをご覧いただければと思います。

責務

「デザイナーやってます」
と、胸を張っていえる職業にしたい。

そのためにはデザイン業界を
「本当の意味で食べていける業界」
にしないといけないと思っております。

「広告」が重要なポジションにある資本主義社会なのに、
その広告の中枢を担うデザインの評価=お金が低い。
これが当たり前な社会はおかしいのです。

そんな世の中を変えなければ。

スクールを作って人材を育成するだけでなく、
将来育成した生徒の方々が働ける場を作り、
人前で「デザイナーです」と言うのが恥ずかしくない職業にする。

そうして、デザインスクール業界だけでなく、
デザイン業界も浄化させ、
デザイン業界の社会における立ち位置を向上させていくのが
私の使命だと思っています。

まずはこの小さな事務所から変えていく、
今やっていることはそのための一歩一歩です。

「一度、話を聞いてみたい!」という方はこちらから

「一度、話を聞いてみたい!」という方はこちらから

お電話でのお問い合わせは、電話06-7503-6013まで

上へ戻る
☎06・7503・6013
無料カウンセリング・体験レッスン