デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

常在戦場

12.05.24

今日から「ケイコとマナブネット」さんに広告が掲載されているのですが、写真が大変です。

本人出演画像なのですが、所長の私がどうもパッとしない。

ま、持って生まれたパッとしなさを発揮してるといえば、それまでなんですが、大丈夫です!!

中身はパッとしてます!!

小林亜星がCMソング作りたくなるぐらいにパッとしております!!

ということで、訳ありで広告掲載はDTPコーナーに掲載されているのですが、WEBデザインのスクールもやってますよ!!

要はレイアウトする媒介、方式が違うだけであって、そもそもそんなに違いがないものなのに、分けてしまうせいでビジネスチャンスを逃すなんてもったいないですよ〜。

ということで、最近ニュースを見て思ったこと。

渋谷駅ですれ違いざまにぶつかって刺傷事件ってのがありましたが、そういうマナーって東京より大阪のほうが悪いイメージがありますよね?

私も東京に住むまではそう思ってたんですが、実は大阪の方がマシなんです。

大阪はぶつかったら「兄ちゃん、ごめんなー」って言ってく人が多いと思います。

でも、東京は絶対に謝らない。

そして、もともと狭い所に人が密集してるところなんで、少しでも隙間があれば、ぶつかることを厭わずに通ろうとします。

要は平気でぶつかってきて、ひと言もありません。

で、大阪でそういうのする人って、ミナミの帝王に出てきそうなわかりやすい方々なんですが、東京だとゲゲゲの鬼太郎で最初におばけに遭遇して殺られるさえない警備員みたいな風貌の人らがしれーっとぶつかってくるわけです。

リュック背負ってた私も悪いんですが、そのリュックが邪魔だったのか、リュックを押しのけて通ろうとするゲゲゲの鬼太郎の警備員。

リュックに引っ張られる私。

ムカつくから踏ん張る私。

それでも通ろうとする鬼太郎の警備員。

大阪だとその後「ちっ」と捨て台詞を吐いていくんですが、東京は何事かもなかったかのように去って行きます。

よくわからん文化です。

って、基本私は東京のほうが住みよい町って思ってますけど、そういうところは嫌いでしたね。

ということを、何となくニュースを見て思ったのでした。

「東京やから起こりうるニュースかなー」思ってたら、翌日御堂筋線が「乗客同士のいざこざ」で遅れてました。

ま、どこも一緒でしたね。