デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

悲しい事

12.09.18

今日は非常に悲しい出来事がありました。

『僕がどんなに君を好きか君は知らない』と歌ったのは郷ひろみですが、私がどんなに吉野家の豚焼定食を好きか吉野家の偉いさんは知らないのでしょう。

「焼肉丼」か何か知らないけど、新メニューがうまいとの噂を聞きつけ、吉野家に馳せ参じた私の目に映ったものは、これまで溺愛してきた「豚焼定食」の上に「終わりました」みたいなシールが貼られてるものでした。

人気がないため、ストーリーの途中で急に終わるジャンプのマンガみたいな急な別れ。

仕方がないので、焼肉定食を食べましたが、豚焼定食の比ではなかったです。

儚きこの思い、どうすればいいのか。