デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

楽しみなこと

13.02.06

あの頃

来月プロ・アマ含めたフットサルの全国大会が行われるのですが、何年か前に私はベンチ要員ながら出たことがあります。

当時は補欠だったし、全く戦力にもなってなかったです。

で、仕事で東京に越すことになり、一から新しいチームで人間関係作るのも面倒くさかったのでもうフットサルはやめようと思ってたのですが、「いつか大阪に戻った時に、実力で『戻ってきてほしい』と言われるように、もっと上手くなって大阪に戻ってやろう」って思い、東京でもチームに入ってフットサルをし、練習がない日もジムに行ったり、レッスン受けに行ったり、公園でひとりで練習やったりしてました。

で、大阪に戻ることになり、チームに復帰しようと思いましたが、スポンサーは付いてるわ、指導者は変わってるわ、チーム名も変わってるわで、自分が戻る場所でもなかったので、他のチームでプレイして、対戦相手として自分がどれだけ成長したかを試す選択肢を取りました。

そこで出会った仲間たちも今でも自分の大切な宝物なのですが、「いつか大阪に戻った時に一緒にプレイしたい」って思ってた気持ちはもう叶わないのだろうと思ってました。

今いるチームは、その新しくなったチームの方針に背を向け退団して新しく作ったチームなので、半分ぐらいは「一緒にやりたかったメンバー」です。

で、来季は他のメンバーもうちのチームに入るかもって話で、個人的にはすごい嬉しいです。

全国に出た当時は本当に味方にも相手にもビビりながらプレイしてました。

足引っぱったらあかんし。

でも、今は自信を持ってプレイできます。

ここんとこ全く運動してないので、反応が2秒ぐらい遅くなっていますが。。。。

東京でも補欠で1試合しか出れなかったのですが、ここまで補欠の時期が多いながら、ずっと成長していくことだけを考えてやってきたこと。

それを来季出せるのなら楽しみだし、どうせやるなら優勝して、またあの頃みたいにみんなで感動を分かち合いたい。

仕事を言い訳にして逃げることは可能ですし、私のタイムスケジュールを見て文句を言える人は誰もいないと思います。

でも、そこでやってこそ自分だとも思います。

現役デザイナー先生という立場は、生徒のみなさんから見られている立場です。

私は金銭面でも人間としても、みんなの見本、目標にならないとあかん立場やと思っています。

勝手に。

って書いてたら、逃げ場がなくなるので、敢えて書いてるわけです。

事務所に全く関係のない話で申し訳ございませーん。