デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

はだしのゲン

13.08.22

はだしのゲン

私、中学時代先輩から「サカゲン」と呼ばれておりました。

で、そんなサカゲンは陸上部だったわけですが、走力Eだったため「どうやったら速く走れるのか?」を必死に考える子でした。

宗兄弟みたいに首を傾けて走ったら速くなるのではにないのか?等いろいろ。

で、ある夏の日に思いつきました。

「靴を脱いで走ったら裸足に一番近い=とても速い」

どうして今までそんな簡単なことに気が付かなかったのだ!!

その日は長居公園の周回コースを1周走るタイムトライアルの日でした。

走り始めると超快適。

これは新記録更新間違いなし。

走って300メートルぐらいで鉄板の上を走っているような感覚に。

「無理!!」

断念。

真夏のアスファルトの上を素足で走るのは無謀だと知った14の夏。

尾崎豊が15の夜に校舎のガラス壊して回ったり、盗んだバイクで走り出したりしてたので、私は裸足で走ってヤケドしてたわけです。

両足の裏をヤケドすると、歩くのも困難なんですよ。

親にも怒られるし。

ということで、画像は大学時代に名古屋城に行って、連れと浮かれた人らが入るパネルに喜んで入って撮影した画像。

従業員さんは明日から旅に出るみたいですが、「旅行したい」といつも連呼しております。

兼高かおる世界の旅か何かを目指しているのでしょうか。

私は現実逃避の旅に出かけたいと思いますが、今日も最終電車のお時間が迫ってきたのでこのへんで。。。