デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

FNS歌謡祭

13.12.05

モーニング

30代前半は「いかに自分の身体能力をマックスまで高めるか」を考えていた私。

食事は「リラクゼーションの一つ」と考え、食べたいものを好きなだけ食べる、トレーニングして動けるカラダを作ればよいという考えしかありませんでした。

が、今では月2回ぐらいしか運動しない運動不足のオッサンにしか過ぎないのですが、当時と同様の食生活を続ける私の肥大化が止まりません。

自分ではよくわかりませんが周りから言われます。

ということで、倖田來未式ダイエット(18時以後何も食べない)に着手することを決意。

朝ご飯も豆乳とキャベツになってしまいました。

タンパク質と食物繊維を摂るためだけの朝食。

炭水化物を摂った方がいいような気もしますが、気にしないで。

でも、キャベツになぜか冷蔵庫に入ってたポン酢をかけて食べたら、すごい美味しかったです。

やみつきになりそう。

まさにやみつきキャベツ。

ということで、昨日は倖田來未には申し訳ないけど18時過ぎから近所の豚串屋へ。

豚串っていう、焼鳥の豚バージョンなのですが、これが歯ごたえコリコリであっさり味で美味で。

店が狭いのが難点ですが(私は狭い店は好きではないのです)。

その後、帰宅してFNS歌謡祭をちょっとだけ見る。

いちいちコラボし過ぎ。

でも、Twitter見てたら、タイムラインはFNS歌謡祭の話題ばっかで、この番組、Twitterとの相性がいい番組なんだろうな、と。

夜は怒り新党見てたんですが、マツコが「テレビが面白くないって言うけど、ネットが提供するも映像コンテンツも面白くない」って言うてて、まさにその通りだなって思って。

すぽると見てて「プロが選ぶ制球力がいいピッチャー」の2位に攝津が出てきて。

私は攝津が一番だと思う人間でして。

攝津ってコントロール良すぎて、目立ちたがり屋の審判さんからはボール宣告されてしまい、四球・球数が増えてしまうという稀有な投手。

狙ったところに投げてるんだからストライクでしょってボールばっか。

前日は「プロが選ぶパワーが凄いバッター」で、またもや2位に柳田が出てきてて。

柳田は本当に凄い。

どれぐらい凄いかというと和製タイゲイニーって呼んでいいぐらいに凄いと。

98%の方がわからない例えで申し訳ないですが。

と、たまに早く帰った時はいろいろチャンネル回しながらテレビを見てしまう私ですが、三谷幸喜のAKBを見逃したのが唯一の心残りです。