デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

聖書

14.04.01

UWF

いいとも最終回。

たけしのテレフォンショッキングはかなり楽しかったですが、最後のひとりひとり惜別の言葉を語るみたいなやつがクソ面白くなくって。

特にSMAPの方々の言葉が。

そういうのはTVじゃないところでやればいいのにとか思いながら。

ということで、昨日は本屋に行けたので、たまに買う愛読書KAMINOGEを購入したので、前田日明インタビューを熟読。

コクが深すぎる。

かっこ良すぎる。

「俺はこれだけのことやってるんや!」

的なことを言わなかったら、人間的評価も上がるんですが、それを言ってしまうのが自分を見ているような気もして。

私も坂元日剛という発音しない「日」の感じを付け足しぐらいなのです。

やたらと登場するTさんが実家近くの中華料理屋のオーナーだったのですが、マズくて有名な中華料理屋で。

Tさん幻想が膨らむばかりでしたが。

あと、顕著な高田嫌いも凄いな、と。

とりあえず、自分が起業した時のモチーフが、ほぼひとりでリングスを旗揚げした前田日明だったので、選ばれし人間の恍惚と不安を抱えながら、4月からも突き進んでいこうと思いけり。(無理矢理)