デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

14.12.09

音

カープに昔いた外野手の話ではなく、
今日は珍しくiPodを聴きながら通勤。

シャッフルってやつでいろんなミュージシャンの曲を聴いてましたが

「恋だ愛だの歌ばっかじゃねーか」

と。

で、恋とか愛とかの歌を飛ばして聞いてたら、

「ラジオが壊れかけたという報告をする」徳永英明と

「社会の不条理への抑えきれない苛立ちを歌う」尾崎豊しか

聞けなかったわけです。

●腹減って適当に入ったうどん屋がめっちゃうまかった。

●アルバイトの時給が来月から20円UPする。

●一車線の道で前に市バスが走ってしまい、
市バスと同じペースでしばらく走らないといけない。

●スーパーで中学時代の同級生を見たけど、
そんなに親しいわけでもないし、
本人じゃないかもしれないから声はかけなかった。

そんなことは歌にはならないのです。

ミスチル、サザン、B’z、中島みゆき、椎名林檎、誰が歌っても。

スーパーフライ、大黒摩季ならもしかして…。

ということもないと思います。

ということからも、

「人は愛だ恋だが大好きだ」

ということがよくわかりますね。