デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

再会

15.12.18

昨日は東京時代の職場の同僚とごはんに行きました!

「仕事の相談で…」

と言われたので、〇〇か■■だろうと思ってたら、まさにその通りで。

仕事の相談と言われて「パスファインダーの使い方がよくわからないので教えて下さい!!」とかでわざわざ呼ばれないでしょうし。

5年以上の時が過ぎたので、私の中では永遠の20代前半だった彼も「もう31っすよ」ということで驚愕。

時給850円ぐらいで気持よく働いてくれる年齢かと思ってたら、そういう年齢でもなくなってたみたいで。

転職してて、誰もが知ってる会社の広報さんとしてデザインをやっている、と。

知らん間に立派になって…(T_T)

私が東京に行って、初めて肩書きと手当てをもらったのが32歳だったので、彼もそういうお年頃ということでしょう。

「うちはいつでも待ってるからな。でも、自分がやりたいことを後悔しないようにやりなさい。それに対して俺にできることや、うちの会社でできることは応援するから。」

と男の教科書社長編の結構前の方に載ってそうな言葉を残して、私は夜の北新地を後にしたのです。

この日は棚橋弘至に会って興奮することもなく。

棚橋は毎晩北新地で飲んでいるわけでもないということを知り、寒い大阪の街をチャリで滑走する私。