デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

誕生

16.01.19

昨日、我が子が産まれました。

残念ながら誕生の瞬間に同じ場所に居れませんでしたが、産まれて2時間後ぐらいの姿を拝見。

男の子なので奥さんそっくりなお顔で産まれてくると思ってたら、意外や意外、パパ似のプリティボーイ。

そのまんま私で愛情500%増量。

顔のことで褒められることが一生なさそうなパパですが、人の何倍も人生楽しんでいると思うので、この子もそんな感じで楽しんでいってくれればと思います。

自分の子どもの頃どんなんやったかなー?と思い出そうとすると、「電車の窓から見える景色を見るのが大好きやった」ことが印象深かったりします。

自分が見たことがない景色への興味。ワクワク感がハンパじゃなかった記憶があります。

今やっているお仕事も希望や不安よりも「この後にどんな景色がみえるんだろう?」というワクワク感が大きいです。

子どもができて、「この子はどんな景色を見ていき、そこから自分は父親としてどんな景色が見えるんだろう?」といいワクワク感でいっぱいです。

人生新しいことだらけ、知らないこと、見たことがないことの連続です。

それを不安に思っても仕方ないし、ひとつひとつを楽しんでなんぼです。

私の子どもなので「父ちゃんわかったよ!!」って素直に応えてくれる子になることは考えにくい。

私とも奥さんともいつも言い合ってるんかもしれません。

私が両親の期待に全然応えずに、苦しめ続けたように、この子も簡単にウンとは言わない頑固で負けず嫌いな子になるのかなと思っとります。

どうなるかわかりませんが、本日急に泣き出したのを抱っこしてあげたら、すっかり泣き止んだので、ますます可愛らしさ倍増です。

この喜びを忘れないように、私も父として頑張っていかねばです。