デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

虚勢と虚像

16.02.03

キヨマー逮捕!!

クスリやってそうに見えて、本当にやっててそれほど衝撃ではなかったわけですが。

年明けから、

・芸人女子校侵入泥棒

・神田正輝激オコ

・ベッキーとゲス

・SMAP

・川本真琴熱愛宣言と思ったら、単なるストーカーだった

・キヨ、ヤク

と、ここに書けてないことも多々ありそうですが、「誰が一番社会に影響を与えるか」という大掛かりな大喜利でもやってるのではないかと本気で思ってしまいます。

さて、そんな清原さんですが、「あなたにとって甲子園のスターとは?」という質問をされたら「清原!!」と一択できるぐらいなんです。

マー君とかハンカチとかゴジラとかそんなレベルではないのです。

清宮?ノンノノン。

当時幼稚園児か小学校低学年かよくわからない私の目にも焼き付くその姿。

そんな清原さん、プロに入っても1年目から30本ホームラン打って4番に座るなど、まさに化物。

のはずが、その後は巨人に移籍したりしてる間に成績も年々減少。

そこからオリックス行ったり、2軍生活経験したり、引退したり、離婚したり、落下する太陽っぷり。

16歳にしてスーパースターになってしまったら「勘違い」してしまうでしょね。

みんながチヤホヤしてたのは「スーパースター清原和博」であって、人間清原和博ではなかった。

それだけでしょう。

そのときの精神のバランスを保つってことは相当な作業なんじゃないでしょうか。

だから、薬局では処方してくれないおクスリに手を出してしまったんじゃないでしょうか。

野茂のフォークについつい手を出してしまうごとく。

例えば、ベッキーはCM女王的な立ち位置で聖人君子性を求められていたのでしょう。

でも、中身は普通の女子なわけなので、人としての欲望、業はあって然るべきです。

そこのバランスが崩れてしまい、逆に人として一番してはいけないことをやってしまったりするのでしょう。

若くして大人の世界に飛び込んでしまった矢口真里、加護亜依らも私は同じようなもんやと思うのです。

キレイに見える人間ほどゲスいという話の方が痛快なので、ついつい正確の悪い私はこういう話に興味を持ってしまいますが、TV・ネット等で弾劾する方々には「僕達には理解できないキワキワのところで生きてるんだから、同じ目線から常識求めない方がいいのでは?」と思ってしまうわけです。

凡人には見えないもの見てるんだと思います。

凡人はそんな虚勢を張って生きてる方々に勝手な虚像を抱いて眺めてるしかないのでっす。