デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

パンパース

16.02.15

自分なんてまだまだ知らないことばかりの未熟者と知らさられる我が子とのふれあいの数々。

育休一年間たっぷり取って浮き名を流す国会議員タヒね!とかイケないことを思ったり、イクメンイクメンっていちいち言わんととりあえず働いて稼いでくるんが一番のイクメンちゃうんかいとか思ったり、相変わらず私が社会不適合者なことに変わりはないわけですが、「赤ちゃんは一日に何回もウンチをする」と現実に四十前にして初めて巡りあったわけです。

垂れ流しです。

パンパースの会社「日本パンパース工業」とかと思ってたら、P&Gみたいです。

P&Gでーす!!(CM風)

科学の進歩でなくなっていくもの多々あり、現在年収600万円以下の人々がしている仕事は5年後には全てロボット化されるという話もあります。

そんな中でも、地球上のベイビーたちがこれだけクソ垂れるということは、パンパースがなくなることは絶対にない!!

どんだけクソ垂れるんや!!

パパ、何時間デザインの先生やらなあかんねん!!

そんなんどんだけ先生しても、あんたのウンチと一緒にゴミ箱にポイされますやん!!

と泣きたい気分にもなるわけです。

P&Gの株買ったら絶対損しませんやん!!

そんなことも考えたりしてたら、ここ10日間ぐらい、かつて経験したことがないレベルの下痢で、パパも同じような状態になってしまいました。

息子のパンパース(まだ全くそれらに対する理解がないのに、しまじろうとか象とかの可愛いイラスト付)を借りねば。。。

そういう状態なのであります。

そんなこんなで4Fまで階段を使わないといけないという我が社の規則に則って、私も階段で行ったり来たりするのですが、それだけで生きもゼエハアなのです。

ひぃ。

ということで、ブログを更新できてなかったのです。

昨日は頑張ったら更新できたような気もしますが、「100年に1人の逸材」棚橋 vs オメガの試合をスマホ鑑賞してしまったりで。

北新地で会って以来、棚橋を勝手に応援しないといけないと思ってるのですが、キャッチフレーズが素晴らしい。

「100年に1人の逸材」

「金の雨を降らせる男(レインメーカー)」

等々。

ということで、今日も家に帰って、1000年に1人の逸材、うんち垂れ流し太郎くんとお話するのを楽しみにたまってるお仕事頑張ります。