デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

成人の日

13.01.14

忘れ物

本日は昼から出勤。

ということで、家でニュースとか見てましたが、どこのチャンネルも成人式の映像ばかりでした。

残念ながら一人残らず「子どもたち」にしか見えなかったです。

当時の私はもっともっと子どもだったんだと思いますが。

ニュースで新成人の意気込みを聞いてたら、糖分多めのあま〜い発言ばかりなのですが、「就職できるように頑張ります!」って言ってる人も。

え?それ目標?意気込み?

就職して、そこからあなたという人間が試されるんですよ。

と、この新成人の周りの大人は誰も教えてあげていないのでしょうか。

この子らのお父さんぐらいの世代までは需要と供給のバランスの中で、競争がない社会でした。

資本主義社会という名の椅子取りゲームなのに、椅子が余っている状態だったわけです。

今はクラス会で椅子取りゲームをしてたら、国際化社会という名のもとに隣のクラスや他のクラスから、椅子取りゲームのエリートたちが参加してきている時代です。

競争です。

あなたは社会に対して、何ができるんですか?

「社会に出たら、誰かが教えてくれる」そんな制度はありません。

「社会に出たら、勝手に技術が身に付いていく」スタートラインに立てればの話ですよね。

自分をいかに売っていくかの時代だと思いますが、そこに出ていく準備・覚悟はできてるの?と思います。

ちなみに私は大人になってからの毎日のほうが圧倒的に楽しいです。

子供の頃は「イヤやけどやらなあかん」ことばかりで、逃げたくて仕方がない毎日でした。

今は逃げたいときは逃げるし、でもやると決めた以上は自分で決めたことだからとことんやります。

自分で選んで、決めて、責任をもって最後までやりきる権利。

自分で選んで、決めて、責任をもって最後までやりきる自由。

どう取るかは人それぞれですが、とりあえず何となく成人の日に思ったことでした。

ちなみに写真は忘れ物です。

どなた?