デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

データ量

12.06.04

昨日から当大阪本町制作所がある倉庵ビルの前にチラシを置かせていただいてます!

全然減らなかったらショックなんですが、結構たくさんの方々がビルの周りを往来なされてますが、 おひとりでも興味を持っていただければいいのですが。。。

デザインっていうか、パソコン上でいろいろ作るのって楽しいですよー、って思うんですが、それがどうにかして伝わらないかな、って。

私は「デザイン」ってカテゴライズするのがよくないんちゃうかなって思ってます。

何か敷居が高そう。

デザインソフトなんて、筆とかボールペンとかの文房具みたいなもんで、単なる道具なんです。

ただ、筆とか使って絵を描くのってすごい難しいんですが、ソフトを使えば、あらまあ簡単!!

って私は思うので、それを伝えたいわけです。

はて。

今朝通勤時に電車で苦しそうに座り込む若い女性が。

パニック障害ってやつなんですかね。

他の女性が声をかけて、席を譲ってくれてたので、私はただ見ることしかできなかったのですが、そういう人を見て何もできない自分のふがいなさを感じてしまいました。

私の友人にもそういう症状だった人や、鬱だった人がいますが、すごい繊細な神経の持ち主やねんやろうなって思うんです。

そういう方は「絵で記憶する」人が多いと思います。

私は「文字で記憶する」人間。 

絵で記憶する人はカメラで撮影した画像データが頭の中にたくさん入っている状態。

文字で記憶する人はExcelのデータが頭の中に入ってるだけなんで、フロッピーディスクでも十分だと思います。

絵で記憶する人は、それだけのデータ量をいつも頭の中で整理しているわけだから、ちょっとハードが調子悪くなると、不具合を起こしやすいのかなって。

こないだ中学時代からの友人と飲みに行ったお話をしましたが、彼は絵で覚えるらしいのですが、「どんだけ覚えてるねん!!」ってこっちがビビるぐらいの記憶力を発揮します。

という私もこう見えて(どう見えてるか知りませんが)、予習復習を全くしない割にはそこそこお勉強ができる子で「記憶力がすごい」と言われた神童やったのですが、記憶力にも2種類あるんですね。

私は全く見ませんが、ジブリの映画は「人間の記憶には普通残らない」細かいところまで入念に作られているとからしいです。

私にはたぶんそれは見えてないでしょう。
一生見えないかもしれない。

今朝電車で見た女性は私などには見えない何かと戦ってるんかなって思います。

気にしなくても大丈夫ちゃう?って言いたいけど、それは本当に他人ごとな発言で。

こういうときに自分の無力さを感じます。