デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

日曜出勤

12.07.01

おかげさまでいろんな仕事をいただくようになりましたが、中には「む?これは難問!」なものも。

私がやっている「商業デザイン」っていうのは「お客様のメッセージの代弁者」だと思ってます。

文字で書くよりも絵にした方が伝わりやすい。

ので、デザインというものは存在しえると思います。

ということは、私がお客様のメッセージを掴めていない時はスタートラインにも立てないという。。。

ですが、お客様によってはイメージを伝えることを好まない方もいらっしゃるので、そういう時は想像力をかきたてて作るしかないです。

私は「作品」という言葉を好まないのですが、私一人の意志だけで作成したものはないからです。
お客様とお話させていただき、指示をいただいて、 作り上げたものなんで共同作品だと思っています。
なので、「一緒にいいものを作りましょう!」という気概がある方とだとやりやすいのは事実です。

あくまで、イメージの代弁者なのです。