デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

大雨警報

12.07.21

が出たけど、全然雨が降ってなかった土曜日。

「ゲリラ豪雨」というものが出てきてから、気象庁の方も「念には念を」という感じで、結構ホイホイ警報を出すようになった気がします。

昔はなかなか学校も当時所属していた少年野球も休みにならなかったんですけどね。

ということで、この日は2ヶ月ぶりの少年フットサルのキーパーコーチをしてきました。

林間学校とかと日程がかぶってしまったみたいでこの日の参加者は3人でした。。。

でも、その分個人個人にピンポイントで指導できたかなと思います。

指導ってこっちが言うことを100%全部を聞いてもらえることはないと思います。

たぶん、いつか失点して、原因を考えた時に「そういうったらこんなん言うてたなー」って思い出す、そんなもんだと思います。

記憶の片隅に残っているぐらいのもの。

正直話してても「わかったふりしてるだけちゃうんかな〜?」と思ったりもしますが、そこは自主性を尊重します。

ちなみに当デザインスクールも完全に自主性を尊重してます。

私は昔家庭教師をやってましたが、その時からそのスタンスは変わりません。

私自身が人に何かをやれって押し付けられたら絶対にやりたくない人間だからです。

一応私は公立の大学卒なんでそこそこにお勉強はできる方だとは思いますが、結局何かを学ぶのに一番大事なのは本人の姿勢だと思ってます。

だから、当デザインスクールは執拗な勧誘もしないし、やりたくない方の矛先を敢えてやりたいに変えようとも思ってません。

その分、やる気がある方には全力でバックアップしますという姿勢です。

私はデザインであろうが、キーパースクールであろうが、スタンスは一緒です。

ので、スクールに来なくなったり、急に無料レッスンをキャンセルされても全然気にもならないのです。

その背後にその人の正直なやる気が見えるからです。

人間、嫌われたくないので、嫌われないような言葉を選びます。

が、私はそういうのがどうも受け付けなく、人の本心を言動ではなく行動で判断するようになりました。

あー、話長い。

ということで、夜は自分のフットサルでした。

奈良で一番強いとこと対戦したのですが引き分けでした。

遊びでテキトーにやってるチームのわりにはそこそこやるチームなんやなー、と他人ごとのように思ってしまいました。

一応、私も10何年やってきた技術でやれてると思うんで、そんな簡単に辞めれないなーという感じです。

ま、いいプレイができたときは夜寝るまで楽しい気分になれますね。