デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

葉っぱふみふみ

12.08.08

ウッシッシ。

ということで、8月8日。

この日はお仕事の相談をしたくて大学時代の後輩の司法書士君に来てもらいました。

3学年下の後輩で、学生時代は私達の学年が神様みたいな存在やったらしいです。

そんな怖いやつが誰もいない学年なんですけどね。。。

あ、ちなみに私は大学でアイスホッケーをやっておりました。

氷上の奇行師、いや、氷上の貴公子と呼ばれていたわけです。

ということで、後輩君、いや今や先生も緊張しながら事務所に来てくれたのかもしれません。

確かに私もいまだに先輩にお会いするとなると200%緊張しますね!!

私は敬語が苦手なので、いつも訳のわからん日本語になってしまうのですが、それがより激しくなるわけです。

でも、今では周りから「体育会クラブにいたのが信じられない」と言われるぐらいのフランクな人間です。

ま、社会に出てからやるべきことがきちんとできない方には内心イラっとはしてますが、「それはあくまで府大アイスホッケー部の流儀やから」ってガマンはしてます。 

ということで、特に写真もないので当事務所が入る倉庵ビルを写メ撮ってテキトーな感じであしらってみました。
特に意味はないのです。