デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

抑止力

14.05.26

丹下段平の気持ちがわかる今日このごろ。

一番最近買ったiMacがすっかり起動しません。

真っ白い灰になってしまったmy sweet iMac。

アップルストアに修理に出すしかなさそうですが、いちいち持っていく時間がもったいないし、たっかい修理代を払うならイチからパソコン買った方が安いのでは?とかいろいろ考えます。

とりあえず、めんどくさい。

勝手に壊れといて、なんでこっちが修理代を払わないといけないのか意味がわからない。

新手の悪徳商法では。

初期化したとしても、ソフトの再インストール、フォントの再インストール、2日ぐらいはかかってしまう。

昔はビデオが壊れたって電話したら、ナショナルのおっちゃんがバイクで修理に来てくれたのに。

昭和LOVE。

東芝のお店LOVE。

そんな感じで、昨日はAKB事件一色でした。

人間と言えども、たかだが哺乳類と思ってますが、他の生物と違うところに理性の有無というところがあると思います。

その理性のタガが外れたら、世の中めちゃくちゃになるでしょう。

古来から「五人組」という制度があったりで、「あんた悪いことしたら、あんたの家族やら周りの人やらみんなが迷惑するんだよ」という仕組みがあったりで、人間の本質自体はそんなに変わっていないんでしょう。

昔は失ったら損するいろんなものが周りにあった。

それがない方がたくさんいる現在の世の中。

仕事もない。

家族もない。

社会とのつながりもない。

抑止力になるものが何もない。

犯人の真意はよくわかりませんが、そんなことを考えながら。

私も今日この後誰かにノコギリで殴りつけられるかもしれません。

その覚悟を持って生きていかなければならない時代ということなんだな、と。