デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

台風さようなら

14.07.11

須藤元気

台風一過。

おおげさなやつでした。

どっちかというと天気がいい方でした。

ということで、ここ数年天気予報がすごい大げさだなと思うわけですが、
電車が止まって帰宅できなくなったりもあるわけで、

「あるかもしれない時は警報出しとこう」

ってなってるんだと思います。

子どもの時は野球の練習が休みになってほしくって、
毎日雨乞いしてましたがほぼ効果なく。

1回台風で学校が休みになって浮かれていたら、
野球の練習はあって泣きそうになったってこともあります。

どれだけ野球嫌いやねんというお話ですが、本当に監督が嫌いだったのです。

今なら2秒で辞めれるわけですが、

当時は親も辞めさせない、
辞めるのはお前の根性がないからだ、
今後なんでもかんでもすぐに辞める人間になってしまう、

等々でなかなか辞めにくい雰囲気を与えられていたわけです。

「ドアホ」

としか言えない、理論で指導できない監督。

ま、時代ですかね。

買ったけど、全然読むヒマがない雑誌を眺めながらのランチタイムが始まるわけです。