デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

冬休みダイジェスト

15.12.30

年末 ハズ カム!

おせちもいいけどカレーもね。

ということで、私も年末を満喫しているところです。

なかなか長期のお休みを取りにくい事業スタイルの我が社なのでお正月だけがイエーイめっちゃホリデー車検なわけです。

そんな私のお正月休みを箇条書きで。

・会社の大掃除後、家帰って寝る。起きたらええ時間に。

・立川談志のドラマを見る。私が普段言うてるようなこと言ってて自分の中に流れる無自覚な談志イズムを実感。

・嫉妬は結局能力がないのに努力できない人間の言い訳。現実が全て。

・簡単に謝るな。(謝るのは逃げ。謝らなくてもいいようにプロとしての誇りを持った仕事をしろ。)

・たばこ・酒・遊び・怠惰等々がダメだとわかっていてもやっていてもやってしまうのが大衆(普通の人)。落語はそういう人間が持つ業を肯定すること。(デザインは対大衆というのが私の考え)

・翌日、朝から美容院。

・会社経営してると言うと驚かれる。人を顔とヘアスタイルで判断するのはよくない。

・鉄とかネジを扱ってる会社の社長ですか?と聞かれる。人を顔とヘアスタイルで判断するのはよくない。

・逆にお給料を聞いて驚愕する。技術者でもそんなに安いの…。

・不平等な社会はよくないなーと思う。

・家に帰ってお仕事。はたらーこー♪ はたらーこー♪

・珍しくデザイン業務をぶっ通しでやったからか吐き気をもよおす。胃液が上がってくる。

・何年かぶりの年末格闘技イベントRIZINを待てずにボクシング見てたら面白かった。

・井上尚弥があっさり勝ったおかげで時間通りにRIZIN始まる。

・全てがPRIDE方式でゲンナリ。個人的にPRIDEオマージュじゃなくて「これからのPRIDE」を見せて欲しかった。

・高坂感動の復帰勝利。をかき消すトンプソンのどう見ても練習やってないっぷり。

・負けたけど、DJ.taikiの奮戦に感動。

・あびる優の旦那 vs 闘うフリーター →闘う経営者の対戦、両者の技術の高さに感動。

・所のフィニッシュがヴォルク・ハンっぽくて感動。

・あびる優、うっとおしかったけど、WWEの女子マネージャー的でプロとしての仕事を全うしたとと思う。

・石井慧がガード越しに川田ばりのジャンピング延髄もらってKO負け。肉体的限界を感じるのでヘビー級から2階級ぐらい落として欲しい。

・どっちも大好きな桜庭 vs 青木。

・「桜庭みたいになりたい」とフットサル頑張ってた我が青春時代。永遠に私の中のヒーロー。

・100対0で勝った青木のプライド。

・青木も私と同じように桜庭ジェネレーションなわけであそこまで冷徹に勝負に徹するのは辛かっただろう。

・プロの仕事を完遂し、試合後に勝って泣いてた青木の姿に私も涙。

・私はやっぱり格闘技が大好きなんだと再確認。

・会場の盛り上がりのなさが気になる。招待券バラマキかな。

・一番声出してたのはあびる優。

・高須克弥先生と西原先生が何度もフレームインしてきて、その度に集中力を切らしてしまう。イエス!

そんな感じでTwitterでこの日の皆さんの感動をシェアしながら寝たのでした。

やっぱり、プロの仕事に飢えてんですよ!

我々は。

今日は朝からお風呂掃除をしたので、今からお仕事。

夜は戦力外通告されたプロ野球選手のやつを見ます!

なんでみんな戦力外通告される選手って妊娠させたり、結婚式の予定があったりするんだろう。

壮大な前フリちゃうんかなとか思わされてしまいます。

それでは、皆さんもお正月をマンキツしてくださいまっせ!!