デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

ドストレート

16.05.26

ドストレートって話言葉では使うと思うのですが、文字にすると違和感ありまくりですね。「ドストレート」なのか「ド・ストレート」なのか、はたまた「どストレート」が正しいのか・・・。書き言葉ではないってことですね。そんなしょうもないことを朝から考えている腰山です。

・・・・・・・・・え?しゃちょうのブログじゃないのかって・・・?

我らがしゃちょうは、「おなか痛い」から始まり入院してしまいました。というわけでブログ代打を命じられた腰山がピンチヒッターならぬピンチブロガー(?)としてブログをお送りいたします。お楽しみください☆

その前に、念のため自己紹介をすると先週入ってきたピチピチ新入社員です。自他ともに認めるシャイらしいです。ただ、ブログは「シャイ」を感じさせないようなハイテンションでお届けできるようがんばりますね!!!

さて本題。私の髪はドストレートになってくれたことはなく、ストレートですらもなく、元気にハネてくれるので毎朝大変なのですが私はドストレートな表現をメディアを通じてしている人をみるとロックだこの人・・・!と思うのです。

あくまで「メディアを通じて」です。直接ドストレートはやはりグサグサくるので・・・。陰口よりはマシですが。

コミュニケーション要素が強いメディア、すなわちSNSは今やとても身近なものですがなんだかなぁ・・・と思ってしまう今日この頃。

そう、Facebookがものすごく面白く感じなくなってきてしまったのです。。。

ただ、Twitterは面白いというか居心地が良い、と感じるのです。

両者の違いは何なんだ?とあれやこれや考えた結果、TwitterにあってFacebookに足りないもの・・・それは「ストレートさ」なんじゃないかという結論に達しました。でも難しいんですよね。私のfacebookもいろいろ気を使いまくってたのでおもんないです。。。

Twitterってツイート短い上にタイムライン流れるのが早いので、ネガティブなことやドストレートな表現使っても気が楽なんですよね。

しかも読む方もそういったネガティブだったりドストレートだったりする表現を見てもあくまで「つぶやき」なのでお気楽な他人事として処理できる=負担がかからないのです。そして、心のどこかで自分以外の人もこんなふうに悩んでいてこんな思い持ってるんだ〜(ほっ)と安心しているんじゃないでしょうか。あれれ、人の闇がチラ見えしましたね・・・!

Facebookは記事っぽいので、Twitterと同じようにすると重っってなるか炎上するか、しょうもなさすぎていいね0とかになりそうですよね。Facebookまじめにやってる人はいいね0ってなるとあー悲しいってなりますよね。

そもそも両SNSには良い部分悪い部分があるので異なるSNSとして存在しているわけですが、Facebookの良い部分が薄れてきているのでしょうか。私の年代との相性が悪いのでしょうか。それとも時代的に終わっているのか。うーんわからない〜!

まだまだドストレート腰山には程遠いみたいです。