デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

せんきょ

16.06.26

選挙。

めんどくさい。

けど、清き一票を誰かに投票しないとお国に文句を言う権利はないと思っている私。

先日、私はどうしようもないやるせない気持ちを抑えきれずに超強炭酸コーラを飲んでしまいました。

全然強くないじゃないか!ウォッカみたいなん期待してたのにっ!

さておき、連日遅延するJRのせいで遅刻する従業員さん。

鉄道の遅延の場合は遅刻扱いにならずに給与を払わないといけないはず。

なんで、雨への耐久性がないJRのためや、朝の通勤ラッシュに自害した方のために、私が従業員さんにお給与を払わないといけないのか。

ちっちゃな頃からおかあちゃんに言われてきた「人として正しいこと」を一通り考えなおしてみましたが、どう考えても私が善人になる理由が見つからない。

ガンジーか。

そんな感じはお国はちっちゃい会社なんてどうでもよくデカい会社が儲かれば全てが潤うという考えのもと動いてるわけですが、選挙到来です。

私は選挙ポスターのダサさと胡散臭さを見るのと、どうしようもない政見放送を見るのが大好物です。

多数決で決まる社会ってのも経営者には不利な世の中なのです。

経営者の割合の方が圧倒的に少ないわけですから。

労働者を守ろうとすればするほど、経営側が苦しくなり、労働者の枠が減っていくってことは、少し考えればわかると思うのですが。。。

そんなことを言っても始まらないイヤなら死ぬか亡命しろ、そんな世の中なので僕が僕であるために勝ち続けなきゃならないわけです。

何が言いたいのかよくわかりませんし、ただお昼寝してもうて目がさえてるからブログを更新してるだけですが、誰に投票しても同じやんと言いたいだけだったりします。