デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

新企画

16.08.21

以前より、スクールで自習を行う生徒の方も増えておりますが、「何か質問あるときに気軽に聞けるようにしたいなー」と思っておりました。

ので、あえて土曜日の夜18時からというスクール営業時間外に「自習したい人集まれ」企画を考えてみました。

6人同時に自習をするという異様な光景。

途中から、私はアドバイスを回転寿司状態でやり続けるというスーパーハードモードでしたが、生徒の方の真剣さにこちらも楽しくやらせていただきました。

「WEBのコーデングをやる!!」という方が少なく、「デザインをやる!!」な方が多かったので、WEBコーディングをやりたい方もどんどん参加してください!!

ということで、この企画、参加費0円ですし、現役生徒だけでなく卒業生も対象です。

なぜ参加費0円なのか。

この企画にお金は求めていないのです。

いろんなデザインスクールがあると思うのですが、「一番意味のあるデザインスクールを作ってやろう」という気概は日本の誰よりも私が一番あるって自信があります。

いちばんいいものを作ってやろうって、何かをつくる仕事をする人間として当たり前の気概を持って、運営しているだけです。

ビジネスではなくって、スクールというものをつくっているのです。

だから、自分にできることがあればやる、それだけなのです。

私はフットサルやってて、補欠ながら全国大会に出るチームでプレイしてたりします。

「補欠でも必死にやってた」当時の自分は大好きです。

結局補欠のまんまやった自分はカッコ悪いですが。

逃げて逃げて逃げ続けてきただけの自分の人生で数少ない逃げなかった経験なのかもしれません。

そんなこともあり、当時の自分と重なる必死な人は立場関係なく応援したいのです。

私はいろんな方々にお世話になって、今どうにかこうにか会社つくって、おいしくご飯を食べさせていただいています。

いろんな方々にお世話になりましたが、すべてお金がからんだ関係ではなかったのです。

うちの両親見てて、おせっかいがうっとおしいのですが、我が血を流れるおせっかいDNAがそうさせるのかもしれません。

どうしようもない私みたいな人でも誰かのお役に立ってれば、うちのお母ちゃんお父ちゃんも嬉しいことでしょう(息子のやってることには興味が全くないし、息子は悪いことをしてるとしか思ってない)。

そんな感じで、単なる自己満足でやってたら経営者としてアホなので、そこはトータルで「いい学校をつくる=皆さんにとってプラスになる」という画は描いております。

迷うぐらいだったら、とりあえずやってみることですね。

昨日で何歩か前進しました。