デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

安息日

17.03.15

ということで、おやすみ。

朝から夜中までおしごとしたり、灯油の輸送業に勤しんだりしている旦那を憐れんで、本日の奥さんは旦那の好きなようにさせてくれました。

たぶん、次のやすみは鉄道博物館+水族館、その次はトーマスのイベントとパパに千賀ばりの活躍が期待されているゆえの優しさ、ビコウズアイラブユーということなんだと思います。

時に愛はふたりを試しているわけです。

ということで、昼までチンタラ見逃してた鈴木みのると柴田の試合を見たり、プロレス総選挙を見てたりしてから、家族とイオンモールで合流してランチタイム。

帰宅後、家でオープン戦鑑賞。

その間、息子にパソコンをイジられ、スマホをイジられ、何度も何度もYouTubeでサチモスのPVを見せろとせがまれる。

#000な画面からサチモスが登場してくると毎回驚きの表情でパパの方を向く。

これを今日だけで30回はしたはず。

1歳2ヶ月児の行動や言動(何かを必死に話している)はよくわかりませんが、40歳9ヶ月児の方も行動も言動も理解されているとも思えないので似たようなものなのでしょう。

オープン戦終了後整骨院へ。

ガッチガチですよ、と。

ただ、整骨院のガチガチほどあてにならないものはないと思っている私。

一度奥さんと一緒に整骨院に行ったら隣で「どっこもコってないですよ」って言われてて、この人だけは信用できると思ったことありますが、うちの奥さん以外でそんなこと言われてる人見たことないのです。

が、せっかくなので鍼まで打ってもらっときました。

老体に鞭打つということで。

帰宅後、WBC鑑賞。

安心して見てた菅野が意外に早々と降板してどうなることやらでしたが、なんとかかんとか勝ちました。

日本が強いというよりかは外国の投手の急速の劣化が気になる今回のWBC。

千賀の快速球が初球いきなりオランダのメジャーリーガーにジャストミートされてた感じで日本流のきれいな真っ直ぐは通用しないから、どこの国も晩年の東尾とか江夏みたいなんばかりになってるんですかね。

ということで、40超えたおっさんの休日なんて誰が興味あるのだろう。

デザイナーを夢見る若者たちに1%の夢も与えないヒドい有様であります。

事実だから仕方がないのですが。

仕事の方はどんどん動いていきますよー。

我が社の脳みそ担当なので、必死のパッチで脳みそをグルグル回転させて、プラスに向かっていかねばなわけです。

頑張ろう私。