デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

マネ

18.12.05

うちの息子。

嫁さんからは育児放棄と揶揄される私ですが、家にいるとやたらと近寄ってきたり、お昼寝してたら起こされるだったりで、一応父親らしいこともできているのだとは思っています。

そんな彼ですが、なんでもマネします。

ママ、パパだけにとどまらず、テレビ、お店の店員さん。

そんな感じで昨日も帰宅後1時間ハンバーガー屋さんごっこを一緒にしてたんですが(させられたんですが)、マネのレベルも高くなっています。

かーもんべいべーあめりかー♪

耳で聞いたことを声に置き換えるレベルも高くなってきました。

彼は誰からもマネすることを強制されずに、勝手にマネしてるんです。

たぶん、マネすることが楽しいんでしょうね。

料理を作るママのマネ。

お仕事に出掛けて行くパパのマネ。

私のお仕事は育てる業なので、そんな彼を通して人間の本能を見出しがちなのですが、人は目で見たもの、耳で聞いたことをマネして成長していくようにプログラミングされているのではないでしょうか?

私は大人になればなるほど、成長していく上、生きていく上で、邪魔なものが増えていくような気がしています。

幼稚な自分、楽しいことにしか興味が沸かない自分に対して、社会からの何らかの需要があるのは、そういうことのような気もします。

私、自分の無能さは自覚しておりますので、日々自問自答、なぜなぜ問答です。

なぜ、できない人ができる人のマネをしないのか。

純粋にマネする、完コピすればいいところを、無駄な自己アレンジ、自己判断を加えてしまうのか。

生物学的に言えば、「どっちにしても死なないから」という理由になるんでしょうが、単純にマネすればいいんですけどね。

どんだけ完璧にマネしようしたって、ひとりひとり骨格も脳みそも育ってきた環境も違うから、同じになるわけはないし、その人の個性は絶対に出るんですよね。

他人のことを考えることに意味はないって思っているので(社会のことを考えいくのは生きていく上で必須なことだと思ってます)、どうでもいいのですが、一回しかない人生、人生という限られた時間、もっとシンプルにすればいいし、ひとつのことができるようになると、また次のことができるようになって、見える世界がどんどん広がると思うんですけどね。