大阪本町制作所

[綴る]

しゃちょうのブログ

スクロール

水になれ

19.10.05

一喜一憂。

ここ何年かしていないのかもしれない。

野球見てるとき。

格闘技見てるとき。

そういうときは興奮してますが、それ以外で一喜一憂することはないような気が。

何があっても同じぐらいのテンション。

いいこともあればそうじゃないこともあるだろう。

いいこともそうじゃないことも全てが想定の範囲内。

そんな日常を過ごしている間にブログを更新する間も作れず、今に至るわけです。

水になれ。

起業時にイメージしたブルース・リーの言葉。

社会の変化、自分の周りの変化に臨機応変に、水のように対応しよう、と。

何があっても水のように自由に形を変えながら流れていく、しみこんでいく。

自分はダメ人間なのではないか?と思ってしまうぐらい、喜も憂も特になく。

毎日自分のできることを優先順位をつけながら一個ずつクリアし、プラスな未来に近づいていこうとする。

未来なんて予測不能だし、過去を振り返っても素敵な自分しか出てこない。

そうなんです。

私の脳みその中では、あのときの私はいつも最高の自分なんです。

どんなときもどんなときもビルの間窮屈そうになんです。

仕事の幅を増やす。

仕事の歴が増える。

一人でぐったり凹んでしまったりすることもあります。

こんなんできるんかしらと途方に暮れることもあります。

でも、後から振り返るとそんな自分の一挙手一投足が自分の中では最高にドラマチックかつヒロイックなんです。

いいぞ自分。

今年から仕事の幅をちょっとだけ広げてみたりしてて、その分ポコることも増えるわけですがトンネル抜けると夏の海が待っている裸の大将システムなわけです。

そうです。

いつも「このネタ、ブログにええなぁ」と思ってるはずなんですが、全部忘れてしまってます。

ボイスレコーダーとかに毎回録音するマメさが自分にあったら、と思いますがそんなものないところが私が大成しない所以でしょう。

ということで、今年もあと3ヶ月。

令和元年突っ走ります!

ゼロワンゼロワンゼロワンゼロワン…。


[ about ]

このブログについて

代表の脳内を大公開。思ったことを思ったまんまに書き殴るタイプのブログです。子どもの頃から基本的にフザケてたら、社長になってたり、40越えてたり、パパになってたりしてた人間の駄文となります。私以外のスタッフは皆さん真面目なので、弊社はれっきとした真面目な会社です。こんな阿呆に付き合わされて皆さん大変だと思います(棒読み)。