デザイナーを夢見る
永遠の少年少女たちのバイブル

しゃちょうのブログ

36歳の私

12.05.19

この日は「色彩概論」の教材を作っていました。

デザインって、いくつかの要素で構成されてると思うのですが、その中でも「色彩」の占めるウェートって大きいと思います。

色って、というか、極論すれば目に映るものは全て錯覚でしかないのですが、その錯覚に人はいろんな印象を持つわけです。

そこには法則があります。

そのへんわかっていないとデザインってできません。

でも、みなさん色彩検定の取得を目指してるわけでもないので、「実践で必要なこと」をまとめてお教えします。

とすると、そんな都合のいい教材はないので手作りです。

デザインに困ったときに何かヒントになるものを作成できればいいなー、と。

せっかくご縁があって入学していただいたんだから、最大限のサービスは提供します!!

ということで、夜は私が住む西田辺で開催されてた「西田辺まちバル」という地域イベントへ。

クーポンを買ったら、500円で料理一品とドリンク1杯がいただけるという。

行きたかったところが「売り切れ」って書いてたんで、前に行った焼鳥屋さんに足を運びました。

安い!うまい!

「また来よう〜♪」

って我が夫妻は思ったので、このお店はこのお祭りに参加して正解やったわけですね。

でも、嫁情報だと「全然アカンかった」というお店もあったらしく、こういうのもったいないなーと思います。

そう思った人は二度とその店には足を運ばないでしょう。

もうひとつWEB屋さんとして残念なことが。

一応公式サイトってあったみたいですが、文字化けしてよくわかりませんでした。
Internet Explorerだと読めるらしいですが、それ以外のブラウザを使ってる人やスマートフォンで見ている人は逃しているわけです。

見ようとしている人の20%ぐらいしか見れなかった感じですかね。
もったいない。

あと、サイトにしても、そこに参加店舗を同じフォーマットでいいんで、細かい情報を載せておけば、祭り開催前にも計画を立てやすいし、祭りが終わった後も、サイトは残りますからね。

そして、西田辺界隈に住んでる人にはポスターなどで結構伝わってたと思うんですけど、それが外にはあんまり伝わってないと思います。

WEBサイト、Facebook、Twitter、お金をかけなくても情報を伝えられる手段がたくさんあるのが現状です。

この日は隣駅の長居でセレッソの試合があったので、その試合後の客をもっと連れてこれてたのではないか。
タイアップしてやれれば、相乗効果でより効果を産めたのではないか。

と、起業してからどうしてもそういう視点で見てしまうのですが、私が考えたからどやねんという話で。 

ま、いろいろと考える人なのです〜。