大阪本町制作所

[綴る]

しゃちょうのブログ

スクロール

自分が影響受けてるものってたくさんあるのですが、その中のひとつが紙プロっていう雑誌だったりします。

プロレス・格闘技の雑誌なんですが、とりあえず「馬鹿げたことを真面目にやる大人って、何てかっこいいんだろう」という雑誌でした。

定義が難しい。。。。

自分の人生観、職業観、デザインにかなり大きな影響を与えいてるのは間違いないです。

で、格闘技バブルも終わり、紙プロも雑誌も廃刊になって、今は残党ライターさんタチが細々と活動しております。

その中のひとつが「KAMINOGE」っていう雑誌でして、たまに読みたくなる特集をやってるので買ってしまいます。

今回はパラパラめくってたら、田村潔司の「自分の考えを曲げてまでやりたくないことをやる必要はない」ってタイトルに惹かれて、ついつい買ってしまいました。

田村インタビューもそれなりに面白かったのですが、中井祐樹の変態座談会はもっと面白く、長州のインタビューはもう吉本新喜劇世界で。

という、ほとんどの人が全くわからない話題を羅列してみましたが、トップの特集が

「宮藤官九郎×伊賀大介がプロレスと『あまちゃん』を重ねながら話をする」というコーナー。

私、恥ずかしながらこのお二人、お名前ぐらいしか知らず、あまちゃんも尾崎先生が1日5回見てるってことぐらいしか知らないのです。

そして、こういうところから興味を持ち、実際に見てみるというのが私のこれまでのパターン。

好きになったらとことんハマるから、流行に流されるっていうタイプではないので、流行りもんとかあんまりわかってません。

流行るということはいつかはカッコ悪いものになるっていうことこれまでの人生の中で学んできてますからね。

ということで、今日も読書しながら帰ります〜。

「月末が忙しいってこういうことやねんや。。。」と実感しつつ、

「こんな戦い続けてたら10年もつレスラー人生も1年もちませんよ」と猪木ばりの言い訳を用意して帰路につきます。

さすがに眠い。

本日、私が思う史上最高のピッチャーが現役引退を発表しました。

斉藤和巳。

大物投手として入団しましたが、入団当初は持病のルーズショルダーでまともに投げれず、打者転向やリストラ候補に名前が挙がる存在でしたが。

が、和田、新垣が入団し、杉内が2年目を迎えたシーズン突如エースとして頭角を現し、その年20勝。

実質3年間しか活躍できなかったのですが、16勝1敗という驚異的な成績を残したり、翌年は18勝4だったはず。

この年はプレーオフの最終戦で0-0で迎えた最終回に失点し、泣き崩れて立ち上がれないという、驚異的な生涯勝率を残したエースとして皮肉な結果に終わった、悲劇のエースでした。

この翌年復活しましたが、まともに投げれず。

後は自分のカラダの限界を否定し続けて現役引退を拒否し続けました。

杉内がFAしたのには「リアルなエースより昔のエースを大切にする球団」への反抗的な意味合いも多分にあったと思います。

そのへんはどうでもいいですが、本当に「これぞエース」と言えるのは、ホークスファンの私にとっては斉藤和巳だけなんです。

今のエース攝津は人間的・精神的には同じぐらい素晴らしいと思いますが、「気持ちをボールに伝える能力」に関しては斉藤和巳には敵いません。

松坂もダルビッシュもマー君もかなわないと思います。

それぐらい凄い。

自分がリアルタイムで見たひとりのエースの寂しい幕切れ。

と書いたところで、かなり終電がやばいので帰宅します〜。

昨日は今月2回目のフットサル。

練習やってない割には全然できてる方だとは思うのですが、昨日は見えないところから来たシュートに無意識に横っ飛びして反応。

したまではよかったけど、お手てが開いてなかったみたいで思いっきり突き指してしまいました。

目に見えないファインプレーだと思うので嬉しいのですが、今日になってもやっぱり痛い。

これ昨日の写真ですが今日はもっと腫れてます。。。

その後は世界で頑張るエリート同級生と山登り社長と全品280円の飲み屋で同窓会。

私から見るとふたりともすごいと思うし、本当に尊敬します。

同じ高校で同じような高校生だったんですけどね。。。

私もたくさんの方に支えられながらの毎日なので、そういった方々に恩を返せるように突き進むしかないなー、と。

ちなみに指2本固定してますが、あと8本残ってるんで仕事には支障がなかったりします。

土曜日の午後はのんびりとした時間が流れております。

大音量でiTunesを流して、諸々の業務を行なっております。

今日はこの後フットサルへ。

うちの所属チーム、明日はHondaが主催する大会の全国大会で名古屋へ行くのですが、私は当然お留守番。

今日は誰もキーパーが来ないみたいなので、私が呼ばれたわけです。

明日の大会、松木安太郎が解説してくれたり、楢崎がゲストに来たりして楽しそうですが、そんなことより私は味噌カツを食いたい。

今日の相手は起業前まで所属していた、ええ年こいた連中が中心ながらめっちゃ本気で頑張っているチームです。

夜中0時を回って、短距離ダッシュを繰り返す30代のおっさん連中。

帰宅が遅いと嫁も毎回不機嫌になるし、本当に何かを背負ってフットサルしてる感じでした。

そういう方々を運動不足のおっさんがギャフンと言わせるのが楽しいと思うので、楽しんできます。

ま、チームメイトも対戦相手も皆仲間という個人的にとっても楽しい状況なんで楽しんできます。

現状一ヶ月に2回ぐらいしかフットサルできないので。。。

とりあえず熱射病が怖いのですが、気合いとベテランの味で頑張ってきます〜。

スケジュールをネットで管理してますが、「来週こんなに予定入ってて大丈夫かな。。。」と毎週不安になります。

ま、毎週大丈夫なんですが。

そんな感じで朝はサラリーマンのゴールデンタイム朝9時から、だいたい終電までお仕事しているのですが、今は気軽に音楽を聞いたり、ネットを調べたりする時間はほぼないので、通勤時間だけがその時間になります。

ま、私は満員電車が大嫌いで、社会の頭の悪いシステムの代表例だと思っているのですが。

そのシステムの自分も一員であるということが気持ちが悪くて仕方がないです。

そんなことしてるの生物の中で人間だけですからね。

本当は朝6時ぐらいに起きて出社したいのですが、そこまでパワフルでもなく「寝たい!」という人間の本能には勝てずに起きるのがそれぐらいの時間になってしまいます。

さておき、その通勤時間は本読んだり、ネットで情報収集したりの時間です。

ま、そんなたいそうなものではなく、ただ自分が好きなもの、興味があるものを追っかけているだけなんですが。。。

デザイン、マーケティング、経営、全て人間を相手にするものなので、人間の本能に素直に従うってことが大切だって思ってます。

っていうか、難しいことはよくわからないので、自分が買いたいものを売り、いいなと思うものを作るってだけですね。

そんな感じで、しんどいときは本能に逆らわないといけないのですが、その時はコーラを飲んだらどうにかなる安上がりな性格でよかったです。

 

[ about ]

このブログについて

代表の脳内を大公開。思ったことを思ったまんまに書き殴るタイプのブログです。子どもの頃から基本的にフザケてたら、社長になってたり、40越えてたり、パパになってたりしてた人間の駄文となります。私以外のスタッフは皆さん真面目なので、弊社はれっきとした真面目な会社です。こんな阿呆に付き合わされて皆さん大変だと思います(棒読み)。