大阪本町制作所

[綴る]

しゃちょうのブログ

スクロール

9月最後のブログを10月1日早朝に書いているわけですが、本当に画像というものがありませぬ。

ということで、旅行とか行って撮り溜めしたものを流用するわけですが、博多で会ったドアラ登場なわけです。

「落合中日監督再就任か?」というお話がありましたが、名古屋のファンってのも自分勝手なものですね。

間をとって、信子夫人全権オーナー、息子の福嗣くんの監督ってところがどうでしょう。

どうしても名古屋といえば、お笑いマンガ道場発祥の地ということで、司会のタレ目のオッサンや車だん吉、川島なお美なんかもスタッフに入れておきたいところです。

お笑いマンガ道場ってまだやってるんですかね。

私は現役時代の落合博満氏の話で「1日8時間は寝ないといけない」ってのが、すごい印象に残ってます。

昨日、当社の紅一点、野球に全く関心を示さない稲垣さんから全く同じフレーズを聞き、彼女の大物っぷりを改めて認識した次第。

将来三冠王になる器なんでしょうね。

Photoshop、Illustrator、InDesign、Dreamweaverで四冠王?

ま、何でもいいんですが、睡眠時間の意識だけは一億円プレーヤーレベルなステキな従業員なわけです。

ということで、月末アンド月曜日というマッドネスな状況の中、仕事してたらMacBookProを枕に寝てました。

起業してから思うのが、「人間は似たような行動をとる」ということです。

人の動きには流れというものがあり、だいたい皆さん同じような発想で動いているんだなということがよくわかります。

昨年より1年後の今年の方がその流れ、行動パターンをより的確に読めつつあります。

これが年々正確さを増し、経験値に変わるのだろう。

ということで、あと3ヶ月張り切っていきましょー。

朝と夜の通勤時、さっむー。

ということで、お鍋の季節急に到来。

鍋=ちゃんこということで、最新のテクノロジーを駆使し(Googleで適当に検索)、ちゃんこ屋「寺尾」を発見。

現役時代の突っ張り相撲が印象的な寺尾関プロデュースのちゃんこ屋とか。

ちなみに寺尾の兄貴の逆鉾はブ男だったので、兄弟なのにかわいそうだなと思ったりしたものです。

そんな感じで事務所から店のある梅田まで電車道で突き進んだ私を待っていたのは「本日満席でして…」とのご回答。

ちゃんこブームでも来たのかしら。。。。

諦めて違う鍋を食って帰ったのですが、次回リベンジを果たさねば。

昔、東京の時、接待で食べた両国のちゃんこ屋は本当においしかったです。

こちらが接待する側だったので、会話自体は全然楽しくなかったですが。。。

両国は本当に素敵な街でした。

マクドナルドでレジ待ちをするお相撲さん。

女子高生と待ち合わせをするお相撲さん。

いろんなお相撲さんに出会える街でした。

っちゅうことで、ずっと欲しい欲しいと思ってた、肩掛けバッグも買ってご満悦のまま帰宅し、気づいたら22時過ぎには寝てた健康的な土曜日の夜でした。

「生徒さんにいろんな制作物を作ってもらおう」のコーナーですが、毎回参加者も増えていて、スクールを運営する側としては本当に嬉しいです。

当スクールは本当に生徒の皆さん、目的、目標、現在のレベルが違うというスクールなのですが、その方々が同じ土俵で競い合うっていうのは結構楽しいです。

「うちのスクールに来て初めてデザインソフトを触りました」という入校して2ヶ月ぐらいの生徒の方が、今回お客様に選ばれて採用されました。

この方は毎回、デザインの壁、表現技術の壁にぶつかりながら、逃げずに参加し続けたから、出せた結果かなと思い、この企画をやって、そして、スクールを開いて本当によかったなと思いました。

今回、負けた方もデザイン能力、表現技術は本当に高いと思います。

「今回足りなかったところは何か?」

それを考えることの方が実は採用されることよりも何倍も糧になったりします。

「デザインは才能だ」という考えが支配しがちな、この業界ですが、デザインっていう概念がこの世に誕生してから、まだ100年、1000年単位の話でしょ。

それが正解かどうかなんて誰にもわからないし、誰かが実証したことでもないし、それを覆してやったら面白いなって思ってスクールやってます。

今まで37年間生きてきて社会に絶望を感じることの方がどっちかというと多かったのですが、それに不満を毎日言い続ける人生はアホくさいので、ひとつひとつ自分の周りから社会を変えてやろうって思ってます。

常識なんて本当にアホくさいって思ってます。

誰かが勝手に決めたことばっかで。

という、子どもがそのまま大きくなったみたいな代表なのですが、あえて大人にならずにこれからもどんどん突き進んでやろうと思う土曜のお昼時。

マイ ソウル イズ ワイワイサタデー。

 

こんにちは。稲垣です。

母のお店、カフェ&ギャラリー登美屋のショップカードを制作しました。

ロゴやお店の外観のイラストなど、元々データがあったのでそこまで難しくはなかったですが、どうすればスッキリと見やすくおしゃれに見えるか配置に悩みました。

社長さんのアドバイスもあり無事完成しました。
母も喜んでくれたのでよかったです。

JR高槻駅前の芥川商店街内にあるお店で手づくりのケーキと挽きたてドリップコーヒーをご用意しております。

母1人でやっている小さなお店ですが、ゆったりとした雰囲気でくつろいでいただけるお店です。

娘には似ずお喋りな母がお待ちしておりますので、お近くにお越しの際はお立ち寄りください(^^)

一時期、読書や趣味にお金を使うのを極力控えてましたが、面白くなくなっていく自分がイヤなので、ここんとこ本は積極的に買うようにしております。

ま、本ぐらいしかお金を使うこともないので。

で、ちょっと背伸びをしてしまってたのか、そんなに難しいことを考える精神的余裕もないのか、若干飽きてきたので、昔よく読んでたプロレス・格闘技関係の本を何年かぶりに購読し始めました。

インタビューばっかの本なんですが、ちょうど私と同世代の人間たちが編集している本だと思うので、人選やら話の内容やらがピンポイントで。

「昔は歪み合ってたけど、今はなんともないですよ。お互い話し合えばわかるんですよ。」的な話も多く、当時を知る者としてはすごい嬉しかったり。

私も若い頃はトゲトゲしてたのかもですが、今は「なんであんなどうでもいいことで怒ってたんやろ」と思うこともあります。

たくさんの友人と出会うと同じぐらいの数の友人達が私の周りからいなくなっているわけですが、皆さんに対して恨みもつらみもないし、本当に些細な事なんだろうなと思ったりします。

と、自分の人生をいちいちプロレスラーと重ね合わせながら考えてしまう私。

若く?して独立してしまったのは、絶対に前田日明の影響ですからね。

私の人生に影響与えすぎ。

[ about ]

このブログについて

代表の脳内を大公開。思ったことを思ったまんまに書き殴るタイプのブログです。子どもの頃から基本的にフザケてたら、社長になってたり、40越えてたり、パパになってたりしてた人間の駄文となります。私以外のスタッフは皆さん真面目なので、弊社はれっきとした真面目な会社です。こんな阿呆に付き合わされて皆さん大変だと思います(棒読み)。